ザ・ノースフェイス ホワイトランニングジャケット

わずか125g(Lサイズ)という軽さを誇り、とにかくコンパクトになる保温インサレーションジャケットはザ・ノースフェイスのホワイトランニングジャケットです。去年手に入れて、それからあまりにも軽くて着心地がいいので、肌寒くなったらホワイトランニングジャケットばかり着ていました。

中綿にはプリマロフト®を採用しているので、雨や汗などの濡れにも強いので、濡れて保温効果が落ちるダウンに比べると化繊は安心感があります。

 

ザ・ノースフェイス ホワイトランニングジャケットのコンパクト性

化繊ジャケットとなると重量や嵩張りが気になって、持ち歩くのにストレスを感じることが多かったんですが、これは片手にのってしまう大きさで、持ち歩くのにも気になりません。だから秋冬と寒さが気になる季節に、山に入って走りを楽しむときもコンパクトなトレランザックになんなりと収めることができてラクチンです。

またロングディスタンスのトレイルランニングレースによってですが「携帯推奨品」として防寒着がカテゴライズされているのを目にすることが多くなったんですが、レースに慣れていて、なにかと想定範囲が広ければ、『防寒着を携帯しない』という答えを出すのもいいのかもしれませんが、出来れは持ち歩きたい装備の1つだと思うので、これだけコンパクトに軽く携行できるのは素晴らしい事だと思います。

この記事のタグ