SONY『初代RX100』

アウトドアに持ち出すカメラ。その選択肢は実に幅広い。

一眼レフカメラ。
広角やマクロ、望遠、単焦点など選択可能なレンズ。一瞬を切り取る優れたレスポンス。一眼レフ機がはき出す画は、群を抜いている。

ラフに扱えるのは防水コンデジ。
ただでさえ雨の多い日本のフィールド。加えて、川や海でのアクティビティとなれば「水対策」は必須。そのままポケットに突っ込める防水コンデジはストレスなくフィールドで使用できる。

「デジカメなんでカメラじゃない。フィルムに限る。」という人もいるだろう。でもやっぱり使い勝手はデジカメに軍配が上がるかな。

僕が選ぶのは、一眼レフ機でも防水コンデジでもない。SONYのコンパクトデジタルカメラRX100。

一眼レフ機の画質にはもちろん及ばないのだけれど、ポケットからさっと取り出してシャッターを切る、という行為はコンパクトカメラにしかできない。一眼レフ機にしかとれない写真もあれば、コンパクトカメラにしかとれない写真も、ある。僕はそう思う。

 

ファストパッキング

トレイルランニングやファストパッキング。装備のコンパクトさと、軽量さを求められるこれらのアクティビティには大きなカメラは合わない。

 

ある程度遠くから動物を捉える

1.0型のセンサーを搭載していて、広角側F1.8の明るいカールツァイスのレンズ。コンパクトデジタルのカテゴリーでは、ほかを凌ぐ画質を誇る。焦点距離はフルサイズ機換算で広角側で28mm。光学ズームを用いて望遠側は100mm。大きな山容を収めることもできるし、ある程度遠くから動物を捉えることもできる。

 

星空

シャッタースピードや絞りの設定も、一眼レフ機と同等の操作感で、稜線に広がる星空も写すことができる。