峯岸健一の装備

スキーにハマったのは、高校を卒業してからでした。両親はスキーをしないので中学生の頃、学校のスキー教室から少しずつ行くようになりました。高校卒業後にスポーツの専門学校へ入ったことをきっかけにスキー合宿でバッジテストを受けたりスキーブームも手伝って友達とちょこちょことスキー場へ通うようになりました。

完全にハマったきっかけは、就職してから始めたサーフィンでした。仕事前の早朝に海に入ったり週3、4日はサーフィンをしていた時期がありました。僕はハマりやすいんです(笑)。

 

峯岸健一の装備

サーフィンは、波がなければできないスポーツです。同じように自然の恩恵を受けながらスキーがしてみたいと思ったことでバックカントリースキーに目覚めました。

冬はスキーばかりできるように会社を辞めて、20代はニュージーランドから始まってカナダのウィスラーやユタの山々へ滑りに行ったり、八甲田山荘でバイトしながら滑ったり、出身地である群馬県の谷川岳でバックカントリースキーの経験を積みました。

 

峯岸健一の装備

峯岸健一の装備

バックカントリーガイドを始めたのは2003シーズンからです。その後、スイスのツェルマットでハイキングガイドをやらせていただいたおかげで、海外で山へ登る経験を積むことができました。 2005年には当時目標であった北米最高峰のデナリの山頂よりスキー滑降をすることができました。ヨーロッパオートルートへ行ったりアラスカ山を巡るロードトリップをしたり、今でも世界中で滑ることが楽しみです。

 

峯岸健一の装備

バックカントリーガイドサービス KinTouN【筋斗雲】より多くの人々に自然遊びの魅力を伝えることをライフワークとし、1年を通してさまざまなツアーを運営しています。

ガイドの仕事で毎日着用していてもヘタリが少なく、シーズンの最後までしっかりとした着心地で気持ちがよいプロダクトやギアを選んでいます。

 

ノローナのゴアテックスジャケット

tamok Gore-Tex Jacket LTD

ノルウェー北部に位置するパウダーエリア、tamokからインスピレーションを受けたコレクションです。

ミリタリールックと最新のゴアテックス技術を採用し、斬新で独特なデザインながらも、フリーライディング、激しい動きと厳しい気候に対応できる優れた機能性を備えています。ロングレングスの丈でゆったりとしたフィット感で、遊び心のあるバックカントリーアクティビティーに最適なシェルです。

 

ノローナのゴアテックスジャケット

限定カラーのカモを愛用しています。今まで見たカモフラージュのジャケットの中でも群を抜いてかっこいいです。

続きはフルマークスRIDER‘S VOICEで