どこから話していいか迷ってしまうような、面白さ満載の化繊綿インサレーションはモンテインのファイヤーボール・ヴァーソ・プルオンです。アウトドア・アクティビティにおいては、それこそ寒い時期のトレイルランからファストパッキング、登山とあらゆる場面で活躍してくれて、着てもよし仕舞ってもよし、また行動中も休憩中も積極的に使える良さがあるんです。今回このモンテインのファイヤーボール・ヴァーソ・プルオンの面白い機能美を紹介していきたいと思います。

モンテイン 化繊綿インサレーションの機能美

この化繊綿インサレーション『モンテイン ファイヤーボール・ヴァーソ・プルオン』が他とは違う1番面白いところは、リバーシブルであるというところではないでしょうか?そしてデザインの違いを楽しむためのリバーシブルだけではなく、それぞれ状況の違いによっての使い分けができるという面白さがあるんです。

 

作りとしてはPRIMALOFT® SILVERインシュレーションを40グラム使用した超軽量のスモックで、片側(つるりとした表面を持つ方)は寒い環境で力を発揮する為に、防風性を高めたPERTEX® Quantum Rip-stopを使用しています。なので、こちらを表面に出して着る時は防寒対策を目的にする場合が多いです。

 

反対側(横に縫い目をもつモコモコした表面を持つ方)は、空気を通すHYPERVENT生地を使用しているので、激しい運動時に通気性を高める効果があるんです。なので、こちらを表面に出して着る時は、動いている最中で、外気温と体の熱放出のバランスをみて、汗をかかない体温維持を気にして着用する事が多いです。

このようにリバーシブルで、それぞれにおいて機能性があるので1枚における応用幅が広いんです。

モンテイン 化繊綿インサレーションの使い方

行動中に着る際、便利なのが正面のジップです。前身頃の上半分程がジッパーなので、これがベンチレーションになるんです。ちょっと暑くなってきたらジッパーを開けば冷たい空気を取り入れることができます。シルエットが細身ではなく、ジップアップという特性上、筒状なので、冷たい空気を取り入れると体全体に行き渡る良さがあります。HYPERVENT生地側には隠しポケットが胸についているので、行動中すぐに取り出したいものなどを入れておくことができるんです。

 

行動が止まって、まだ体が火照っている状態で裏側にして着て、寒さが厳しければモンテインの化繊綿インサレーションの上からハードシェルを着ています。手を伸ばすような動作でも楽に動ける立体的なアームなので、行動中から休憩中までストレスレスなんです。

 

またカフにサムループがついていたり、裾がストレッチバウンドになっていたりと風の侵入を防いでくれるので、暖かさに身を包みたい時は助かります。

ファイヤーボール・ヴァーソ・プルオンのコンパクト性

重量は約260グラムほど。スタッフサックが付属しているので、非常にコンパクトに収納できます。これは冬場のトレイルランや3シーズンにおけるファストパッキングで高山を楽しむときには非常に助かります。暖かさに対してのこの軽さとコンパクト性は、化繊綿インサレーションならではの特徴だと感じてます。

化繊綿インサレーションの良さ

化繊綿インサレーションと聞くと、「綿」というキーワードからダウンと対比する事が多いと思うんです。そういう時には暖かさはダウンに軍配があるけど、湿気に強い化繊綿というように比べて、計画にマッチするかどうかでどちらかを選択するというような考えが生まれると思います。

しかしながらこのモンテインのファイヤーボール・ヴァーソ・プルオンは、PRIMALOFT® SILVERインシュレーション40グラムという薄さから、フリースと比べると、その良さが解りやすいと思うんです。フリースは汗を吸って乾きやすいという特徴があり、アクティビティを伴った保温着として最適です。Tシャツの次にフリースを着ても肌にあたる部分が気持ちよく、僕はフーディニのアウトライトフーディ、パタゴニアのR1を好んで着ています。

唯一フリースの難点は、暑くなった時に脱いだ、その嵩張りと重さなんです。これを抑えようとするとフリースでは限界がある。フリースで嵩張りを抑えようとすると、作りとしては単純に薄くなって保温を犠牲にすることになるんです。

この保温性を犠牲にせず、嵩張り、重量を抑えたい。そこで化繊インサレーションの出番という訳なんです。

ファイヤーボール・ヴァーソ・プルオンをフリースと考えると…

フリースの代替としてファイヤーボール・ヴァーソ・プルオンを考えると、秋口にはアウターとして、冬場にはミドルレイヤーとしてと多くの場面で使う想定が広がることがわかると思います。僕が着ていて思うのは、パタゴニアのR1ぐらいの保温性と通気性があるように思います。パタゴニア R1プルオーバーの重量が333gとあるので、それと比べると化繊インサレーション『モンテイン ファイヤーボール・ヴァーソ・プルオン』の良さが解ると思います。

ただし難点を挙げるならば、Tシャツにフリースというシチュエーションにおいて、腕と生地があたる箇所の気持ちよさは断然フリースがいいです。化繊インサレーションでは汗をかけばペタペタするので、下には大半長袖のベースレイヤーと合せることが多いので、季節とアクティビティを掛け算して選ぶことが重要です。


トレイルランニンググッズを取り揃えるSo Cal