カテゴリーから探す

山のモノ Wear / Gears

山のコト Experiences

【日帰り登山】栗駒山これが日本一の紅葉|難易度別ルートと各種情報をご紹介

【日帰り登山】栗駒山これが日本一の紅葉|難易度別ルートと各種情報をご紹介

栗駒山は、宮城・岩手・秋田の三県にまたがる日本二百名山|花の百名山に選定されている山で、東北では秋田駒ヶ岳とともに、「百名山に入れるべきだったかもしれない」と深田久弥も著書のあとがきで述べたほどの名峰です。

複数ある登山コースと高山植物で、初心者・上級者問わず誰もが楽しめる栗駒山の極めつけは、「神の絨毯」と呼ばれる日本一の紅葉。山頂から山麓まで染まる「全山紅葉」という圧巻の景色は、見るものを圧倒します。

この記事では、栗駒山の魅力を堪能する6つの登山コースと登山口へのアクセス方法、代表的な温泉・観光スポットを厳選してご紹介します。

栗駒山とはどんな山なのか?その魅力とは…

三県にまたがる栗駒山は円錐状の裾野をもつコニーデ火山で、直近の火山活動は1774年と1944年に記録されており、宮城では駒ヶ岳、岩手では須川岳、秋田では大日岳というように県によって呼び名が変わります。

また、栗駒国定公園の特別保護区、および栗駒山・栃ヶ森山周辺森林生態保護地区に指定され、原生的な自然が保護されている山です。

春、南東の斜面に出現する天馬の雪形と古くから馬の名産地であったことと合わせ、宮城県栗原郡の一字をとって栗駒山となりました。

さぁ、今回は栗駒山の魅力を深堀りしてみましょう!

山の名前栗駒山
エリア東北|宮城・岩手・秋田
山域奥羽山脈中部
標高1626m
詳細情報栗駒山の地図・天気
てんくら

魅力①:栗駒山は豊富な登山ルートで初心者から上級者まで楽しめる

栗駒山には9つの登山道があり、すべてのコースで日帰り登山が可能。ちょっとした散歩気分で歩けるコースや、片道9Km以上にもなる上級者向けの本格的な登山コースもありバラエティに富んでいます。

宮城県からは最も多い6つの登山コース、岩手県からは2つ、そして秋田県からは唯一、しろがね草原を2時間ほど歩く人気のコースがあります。

山頂からの眺望は、鳥海山、月山、蔵王連峰、秋田駒ヶ岳、岩手山、早池峰山など全方位を見渡すことができ、天候に恵まれれば遠く太平洋まで望むことができます。

魅力②:栗駒山は高山植物の宝庫

出典:じゃらんnet 世界谷地

東北地方では早池峰や秋田駒ヶ岳と並び高山植物が咲き誇る花の楽園。ニッコウキスゲが咲く世界谷地原生花園は小さな尾瀬ケ原とも呼ばれています。

そのほかにはキンコウカ・ミツガシワなどが咲く名残が原、ミズバショウやワタスゲが咲く龍泉が原、イワカガミやタテヤマリンドウなどが咲くしろがね草原などの高層湿原はまさに雲上の楽園です。

魅力③:栗駒山は何といっても「神の絨毯」と称され全山が紅葉する秋

9月中旬。山頂付近から色づきはじめ次第に山腹~山麓へと広がりながらゆっくり降りてくる「神の絨毯」は、10月中旬に最盛期を迎え全山を染めつくす。

日本一とも称されるその光景はまさに圧巻のひと言。代表する紅葉スポットのひとつ「いわかがみ平」は、いわかがみ平登山口からの中央コースを登ると見ることができます。

ブナ・ミズナラ・カエデ・ドウダンなどが共演する赤、黄色、橙色、緑のグラデーションは一生に一度は見たい、一度見たら忘れられないほどの絶景。

見頃はズバリ、9月下旬から10月上旬です!

栗駒山の難易度別ルートをご紹介

①中央(ちゅうおう)コース『宮城県側』

全コースのうち最短距離で山頂を踏める登山コース。石畳等で整備された道は幅も広く危険個所も少ないため、登山初心者には最適なコースです。

低学年の小学生や行楽で登る人もよく利用するため、新緑や紅葉の時期には混雑しますが、雄大な景色を気軽に楽しめる人気のコースになっています。

登山口/下山口いわかがみ平登山口
最適日数日帰り
行動時間2時間47分(休憩23分)
距離5.6Km
累積標高上り513m
下り499m
難易度/体力★☆☆☆☆/★☆☆☆☆
登山ポスト有り 栗駒レストハウス前
  • いわかがみ平登山口 7:21→8:36 栗駒山(須川岳) 上りタイム 1時間14分
  • 栗駒山(須川岳)9:07→10:09 いわかがみ平登山口 下りタイム 1時間2分


栗駒レストハウス前に登山届のポストがありますので提出しておきましょう。コースの前半は低木帯が続く為ためあまり視界はよくありませんが、小ピーク(1,408m)に近づくと視界が開けてきます。

中央・東栗駒分岐からは丸太が敷かれた道になり、山頂直下のわずかな急登を登り切れば立派な標柱の建つ広い山頂に到着です。少し北側には一等三角点も設置されています。

②東栗駒(ひがしくりこま)コース『宮城県側』

短距離ながらも、高山の雰囲気と沢登りなど登山の楽しさが詰まった魅力あるコースです。

登山口/下山口いわかがみ平
最適日数日帰り
行動時間3時間51分(休憩21分)
距離6.9Km
累積標高のぼり538m
くだり536m
難易度/体力★☆☆☆☆/★☆☆☆☆
登山ポスト有り 栗駒レストハウス前
  • いわかがみ平 11:17 東栗駒コース入口 11:17→11:18 いわかがみ平避難小屋 11:19→12:40 東栗駒山 12:48→13:38 栗駒山(須川岳) のぼりタイム 2時間13分
    栗駒山(須川岳)14:03→15:08 東栗駒コース入口 15:08 いわかがみ平避難小屋 くだりタイム 1時間5分


中央コースと同じ「いわかがみ平」からスタートし、坂の途中から東栗駒登山口へ入ります。栗駒レストハウス前に登山ポストが設置されていますので登山届を提出します。



岩場やハシゴ場など、手を使って進む前半は低木帯を進むため視界は開けませんが、スタートから約40分もすると水の音が聞こえ、約100mの新湯沢の沢登りにかかります。


新湯沢から急登を越え視界が開けると、そこには気持ちのよい草原が広がっておりここから稜線歩きが始まります。ここは、常に強風が吹いている場所ですから注意しながら歩きましょう。体温の低下にも注意です。

東栗駒山山頂や稜線から見る栗駒山はもっとも雄大な景色。栗駒山山頂直下で中央コースと合流し山頂へと到達します。

蔵王連峰・月山・鳥海山・早池峰山・秋田駒ヶ岳などの眺望を楽しみ、帰りは中央コースを通り下山します

③表掛(おもてがけ)御沢コース『宮城県側』

古くから信仰の山として崇められた、栗駒山の最も古い登山道の一つであり最も危険な登山道です。初心者・初級者は、十分な経験を積んだ中上級者との同行以外はおすすめできません。

登山口表掛登山口(旧いこいの村跡地手前 表掛登山口駐車場)
下山口いわかがみ平
最適日数日帰り
行動時間7時間20分
距離10.4Km
累積標高のぼり903m
くだり573m
難易度/体力★★★☆☆/★★★☆☆
登山ポスト有り 表掛登山口駐車場
  • 御沢コース登山口(旧いこいの村跡地駐車場)5:47→12:13 栗駒山(須川岳) のぼりタイム6時間25分
  • 栗駒山(須川岳)12:22→13:08 いわかがみ平 くだりタイム 46分

旧いこいの村跡地の手前、御沢コース登山口からスタート。登山届は表掛登山口駐車場にあるポストへ投函します。

最初は平坦な森林歩きですが、その後は約1.5Kmにわたる沢(渓流)を遡行します。人の背丈ほどもある大きな岩がごろごろしている沢を、飛び跳ねながら登らなければならないことから石飛八里(いしとびはちり)と呼ばれます。


険しい岩登りは、この栗駒山の登山道ではもっとも危険な「はしご滝」がピークとなります。滑りやすい急斜面なので滑落に注意です。

はしご滝

ここを過ぎ小さな沢を登っていけば、表掛・大地森分岐から御室に出ます。駒形根神社の奥の院とされ、9月まで雪渓が残る御室は、春夏秋の高山植物を同時に見れる花の名所となるところです。

虚空蔵十字路を過ぎて天狗平へ。このあたりから眺めの良い稜線歩きになり、栗駒山山頂までは約20分ほどです。

下山は中央コースをいわかがみ平へと下ります。

④裏掛(うらがけ)新湯コース『宮城県側』

表掛コース同様、山岳信仰に使われた最も古い登山コースの一つとなっており、かつては駒の湯温泉を起点としていました。初心者の単独行はおすすめしません、経験を積まれた方との同行を推奨します。