スノーピーク チタントレック

登山をする時の1つの楽しみとして食事がある。

テント場について天気が良ければゆっくり時間をかけて調理を楽しむ。献立は様々で、お米を炊いて丼にすることもあれば、野菜を持参してラーメンを作ることもある。お酒を飲もうと思った時は、たらこや干物を焼くこともある。味噌汁を作って寒さを凌いだり、朝には昨晩残った米を、お粥にして食べることもある。とにかくバリエーションを楽しみ、ちょっとした実験でよりよい食料を検討していっている。

スタッキングが気持ちいいスノーピークギア

スノーピーククッカーのスタッキング

そんな環境に不便なく使っているクッカーはスノーピークのチタントレックで、チタントレック700とチタントレック900を愛用している。

このチタントレックシリーズはスタッキング、要は積み重ねる事だが、これによる収納性が優れており、チタントレック900の中にチタントレック700がすぽっとスタッキングできる。
その上、チタントレック700の中には「スノーピークのギガパワーガス」と、「スノーピークのギガパワーマイクロマックスウルトラライトというストーブ」を収め、蓋をすることができる。

 

スノーピーク チタントレック

クッカーにおいては2種類の大きさのものがこのスタッキングにより、嵩張らず持ち歩く事が出来るので、調理方法にバリエーションを加える事ができる。

例えば900でお米を炊いて、炊き上がったら蒸す。その間に700でお湯を沸かし丼にするおかずを温める。温めたお湯に固形スープを入れて飲む。丼とスープを食しながら900の蓋をフライパンにして煮干を炒め、おかずにする。考えただけで楽しい。