カテゴリーから探す

山のモノ Wear / Gears

山のコト Experiences

自然豊かな南アルプス登山 東岳(悪沢岳)の難易度別ルート紹介

自然豊かな南アルプス登山 東岳(悪沢岳)の難易度別ルート紹介

東岳は南アルプス南部の名峰で、登山口へのアプローチが悪いことから登山者からは悪沢岳と呼ばれています。

前岳、中岳とあわせて荒川三山とされ、いずれも3000mクラスの山です。日本百名山ひとつで、日本6位の高さを誇ります。登山口へのアプローチが悪いため自然が多く、中級~上級者向けで2泊3日や3泊4日のコースが定番です。登山口の椹島ロッジから千枚岳を経由するルートが最短ですが、ピストンの往復で16時間50分かかるため、日帰り登山はほぼ不可能といえます。時間がない方も、途中の千枚小屋に宿泊して1泊2日でスケジュールをたてるとよいでしょう。

東岳(悪沢岳)の基本情報と魅力

東岳の登山適期は7月上旬~10月上旬で、3141mの高さがあります。

山頂からは南アルプスの山々が一望でき、周辺には荒川小屋や中岳避難小屋、千枚小屋の3つの小屋があり、夏季は管理人が入って営業しています。特に荒川小屋周辺の花畑は多彩な花が咲き誇る花畑で、絶景です。

混雑もないため、富士山を眺めながらのんびり歩けます。

山の名前東岳(ひがしだけ)/悪沢岳(わるさわだけ)
標高3,141m
エリア南アルプス
詳細情報東岳/悪沢岳の地図・天気

多彩な花々が咲き誇る美しい花畑

荒川三山が連なる南アルプスでは、10種類以上の多彩な高山植物を見られます。特に荒川小屋周辺に広がる花畑は南アルプス最大の広さを誇り、シナノキンバイやハクサンイチゲ、ミヤマシオガマ、チョウノスケソウなど、色とりどりの植物を楽しめるでしょう。

山頂からみられる360度の大パノラマ

悪沢岳は周辺にも3000m級の山々が並んでおり、山頂から北側には鳳凰三山、間の岳、農鳥岳、南側には赤石岳と聖岳、南東方向を見ると雲上に浮かぶ富士山がみられます。360度雄大な山々が並ぶ姿は大迫力であり、普段の日常から離れた別世界を感じられるでしょう。

赤く発色する岩盤

悪沢岳の山頂周辺にはラジオリヤチャート岩盤が多く分布しています。雨に濡れるとさらに赤色が美しく発色することから、「赤石」の名前の由来となりました。

山頂への道中にみられるため、水で濡らして発色を確認してみてください。

荒川三山縦走 2泊3日でのんびり周回コース 

悪沢岳のほかに赤石岳や千枚岳など荒川三山をめぐるのんびりコースです。高山植物が咲き乱れる花畑や、雄大な山々をゆっくりと楽しめます。

コース・所要時間(目安)