ファイントラック スキンメッシュ

山に入る時には春夏秋冬、1年中汗冷えには気をつけています。汗をかかないようにレイヤリングを調整し、余計な体力を使わないようにすることは、大げさでなく命を守ることにつながると思っています。

汗冷え対策に欠かせないベースレイヤー

ファイントラック スキンメッシュ

汗をかいて、その汗が肌に付着していると、乾きと同時に肌から熱を奪っていきます。だから汗をかいたらなるべく早めに肌から汗を吸い上げ、ドライな状態に保つことが大事になってきます。そんな気遣いに欠かせないのが、ファイントラックのスキンメッシュです。

ファイントラック スキンメッシュの使い分け

ファイントラック スキンメッシュ

ファイントラックのスキンメッシュを肌に直接着用します。フィットした作りなので、汗を瞬時に吸い上げる特徴があります。

ファイントラック スキンメッシュ

生地そのものはメッシュ状になっているので、汗を溜める事無く、抜けてくれるような作りなんです。この構造によって肌を常にドライに保ちながら、同時に適度に保温もしてくれ常に快適な状態でアクティビティを楽しめるんです。

ファイントラック スキンメッシュ

ファイントラックのスキンメッシュには、袖なしとTシャツ、長袖と種類があって、季節によって使い分けています。夏は袖なしで、少し寒さが出てきたらTシャツというように考えています。

ファイントラック スキンメッシュ

ハイクアップ時、登山の登りなどでは汗をかくけど、ずっと動き続けるわけではなく、どこかで休憩をします。そんな時にスキンメッシュを着ている、着ていないとの違いは明らかで、冷えにくいという実感を感じています。

暖かさを求める時はミレー ドライナミック メッシュ

ミレー

ミレーのドライナミックメッシュは、ファイントラックのスキンメッシュに比べると厚みがあるんです。

ミレー ドライナミック メッシュ

だから、寒さが厳しい厳冬期などでは、ミレーのドライナミックメッシュで、汗を肌から遠ざけつつ、暖かさも同時に求めることができます。ミレーは着丈も長いので、腰の部分がたくし上がってこなくて調子いいです。

ファイントラック スキンメッシュ

夏であっても、稜線で風にたたかれたりする時に、寒さを感じる経験をお持ちの方は多いと思います。また雨が降ることによって、通常よりも濡れ感を強く感じ、寒さが増すという経験も多いのではないでしょうか?

雨の日で湿度が高くなると透湿性が効いているレインウェアを着ていても、外側が飽和状態になることで透湿しづらくなります。外の水分が飽和していることで、漏水感を感じやすくなってしまうんですね。ピンホールがあって濡れているわけじゃないのに、レインウェアの内側に水滴となって付着して、それが漏水しているように感じる。これはゴアテックスなどの優秀なメンブレンでも起こりうる現象だと思います。

そんな状態で先にお話しした、稜線で風にたたかれる、天候が崩れて寒さを感じる。幾ら夏であっても、そういったシチュエーションで大幅に体力が奪われる可能性はあるので、こういったメッシュ状のベースレイヤーは汗だけでなく、雨の日にも、それが夏であっても有効活用できると感じてます。


トレイルランニンググッズを取り揃えるSo Cal