HOUDINI(フーディニ) パワーフーディ


極上の着心地で身体を温めてくれる大好きなフリースは、HOUDINI(フーディニ)のパワーフーディです。『これの着心地を味わったら離れられないよ』との友人からのおすすめで、購入したのがきっかけで、それからは厳冬期ではミドルレイヤーとして、3シーズンの肌寒い時にはアウターとして活用しています。

HOUDINIとは

90年代初頭、先鋭的な登攀テクニックで知られていたスウェーデン人の女性クライマーのロッタは、クライミングの最中に危機的な状況に直面しました。進むことも退くこともできず、もはや為す術がなくなったときに彼女の口をついて出たのが、脱出マジックを得意とする伝説のマジシャン“ ハリー・フーディニ” の名前でした。するとたちまち奇跡が起きて、ロッタは、無事生還を果たすことができたのです。この不思議な体験から、いかなる過酷な状況にも耐え得る高い性能と魔法のような着心地の良さを兼ね備えたアウトドアウェア[フーディニ/HOUDINI]が生まれました。

HOUDINI(フーディニ)パワーフーディの特徴

ポーラテック


このパワーフーディは、ポーラテックのパワーストレッチプロを採用したフードジャケットで、着心地抜群で、それこそ病み付きになるフリースジャケットです。

パワーストレッチプロは、内と外で2種類の表面を持つ独自構造が特徴で、高い透湿性と縦横4方向へのストレッチ性を両立しています。だからベースレイヤーとしても最適な素材なんです。

HOUDINI(フーディニ) パワーフーディ

内側は起毛していて、肌にあたったときの感触がなんともいえない気持ち良さを与えてくれます。外側はなめらかな作りで、風と摩耗を低減して耐久性に優れた作りといえます。来た時のイメージが『冬にしか着用できない』という風合いの、いわゆる起毛した見た目ではないので、秋から春まで着続けていられる良さがあります。例えば春にモコモコしたフリースを肌寒いからといって着用するのって、暑苦しく見えちゃう。オシャレをするという点においてパワーフーディは着続けやすいと感じています。

HOUDINI(フーディニ) パワーフーディ

シルエットも非常に綺麗にできているので、タウンユースのスタイリングにも使いやすいんです。またHOUDINI(フーディニ)ウェア全般に採用されているカラーがアースカラーで、様々なウェアと合わせやすくオシャレを楽しみやすいんです。

HOUDINI(フーディニ)パワーフーディの機能

HOUDINI(フーディニ) パワーフーディ


細かく見ていくと、良くできているなあと感心するのですが、1つは縫い目です。この縫い目にもストレッチ性があるので、着た時につっぱり感というのが全くないんです。まるでシームレスなストレッチウェアをまとっているような感覚で、様々な上半身の動きに対応してくれます。

HOUDINI(フーディニ) パワーフーディ

保温性という面での作りは、なんといっても首回りの作りに特徴があります。苦しくなくふんわりと首を包み込むような、高く配された襟によってとにかく暖かい。稜線にでて強い風にあたっても、フードを被れば、それこそバラクラバのように首から耳、頭全体を風から守ってくれます。暖かいだけじゃなく気持ちがいいというのはパワーフーディの特徴だと思います。

HOUDINI(フーディニ) パワーフーディ

フロントジッパーはダブルジップ仕様で、オーバーヒートしそうなときに、溜まった熱をいっきに外に逃がしつつ、行動を続けられるのは非常にありがたいです。サイドポケットは通気性の良いメッシュ素材を使用しているので、ポケットを開けっ放しにしておくことでも、ベンチレーションのような働きで通気を促せます。

HOUDINI(フーディニ) パワーフーディ

サムホールはやや大きめにできているので、グローブをしたままでも使いやすい。更に生地が二重になっているので耐久性に優れています。サイドポケットからドローコードを引っ張れば裾周りを締めてくれるので、風の侵入を防げます。こういった細かい点の作りは、寒い時期に非常に重宝して、行動中だけでなく、移動中も就寝時もずっと着続けていられるんです。

ポーラテックの種類について、フリースについて詳しく知る

山旅旅ショッピング

登山人気アイテム

メスティン好きのアイテム

ソロキャンプ道具

軽量化のための登山装備

冬山登山 寒さ対策

この記事をシェアする

関連キーワード