カテゴリーから探す

山のモノ Wear / Gears

山のコト Experiences

穂高岳制覇を目指す中級・上級者におすすめ 北穂高岳登山を難易度ルート別に解説

穂高岳制覇を目指す中級・上級者におすすめ 北穂高岳登山を難易度ルート別に解説

北穂高岳は長野県と岐阜県にまたがる山々のひとつです。その中に穂高の名をもつ山は4つあり、北から「北穂高岳」「奥穂高岳」が並び、南西に「西穂高岳」がそびえています。さらに奥穂高岳から向かって南東に、前穂高岳がみられます。

4つとも3000ⅿ級と標高が高く、はしごや鎖を利用しながら切り立った断崖を進む体力や技術が必要です。穂高岳に挑戦する場合は事前準備をしっかり行い、穂高岳登山に慣れている人に同行してもらいましょう。最初は一山一山ピストンコースで登るのがおすすめです。

北穂高岳の基本情報と魅力

前穂高岳は北アルプスの百名山のひとつである穂高連峰の中で唯一、長野県だけの山です。長野県と岐阜県の県境となっている槍ヶ岳・穂高連峰の主稜線からは東にずれた場所にあり、頂上から奥穂高連峰を一望できます。上高地から岳沢経由で直接頂上へ登れる点でも、多くの登山者に人気があります。

剱岳や谷川岳とともに日本三大岩場とされており、ロッククライミングの聖地として人気です。

登山を楽しめる期間は4月末から11月はじめまでです。特に天候が安定する7~8月や紅葉を楽しめる9月下旬から10月上旬は人気があります。

山の名前北穂高岳
標高3,106m
エリア北アルプス
詳細情報北穂高岳の地図・天気

山頂からの大キレットは絶景

北穂高岳山頂の見どころは、北方に浮かぶ点を突き刺すような槍ヶ岳の立ち姿と、大キレットを一望できる360℃の大パノラマです。南方には手前に奥穂高岳、奥に前穂高岳が連なっています。

山岳画家の牧潤一氏によってヨーロッパ・アルプスのゴルナーグラート、ネパール・ヒマラヤのゴーキョピークとともに「世界三大パノラマ」のひとつに挙げられています。登山好きにとって一度は拝みたい絶景です。

ロッククライミングの聖地

北穂高岳は剱岳や谷川岳とともに日本三大岩場の一つとして知られています。特に東稜、滝谷というポイントが有名です。滝谷は険しく、崩れやすい岩場が多いことから、「鳥も通わぬ滝谷」と呼ばれています。

険しい岩壁に広がる四季の美しさ

圧倒的なスケールで立ちはだかる岩壁ですが、そこには四季それぞれの美しい自然が広がっています。遅い雪解けの中で残雪の白と芽吹きの緑が美しい春、高山植物が咲き乱れる夏、澄んだ空と燃える紅葉のコントラストが映える秋、厳しくも美しい雪と氷の世界があらわれる冬。季節を変えて登山すると、北穂高岳の四季の移り変わりを楽しめるでしょう。

北穂高岳の難易度別おすすめ登山コース

穂高岳を初めて登る方向けのピストンコースと、前穂高岳・奥穂高岳とともにめぐる周回コースを紹介します。

1.涸沢を通って北穂高岳へ 穂高岳初心者におすすめのピストンコース

コース・所要時間(目安)

1日目:上高地バス停(3分)→河童橋(2分)→小梨平(1分)→小梨の湯(27分)→明神館(35分)徳沢キャンプ場(41分)→横尾キャンプ場(2時間56分)→涸沢ヒュッテ

2日目:涸沢ヒュッテ(2時間34分)→北穂高岳南峰(8分)→北穂高岳山頂(4分)→北穂高岳南峰(1時間5分)→涸沢小屋(1時間33分)→横尾キャンプ場(39分)→徳澤園(3分)→徳沢キャンプ場(33分)→明神館(29分)→小梨の湯(4分)→5千尺ホテル上高地(4分)→河童橋(3分)→上高地バス停

必要日数1泊2日
総コースタイム15時間56分
休憩時間目安3時間20分
距離35.4㎞
累積標高1982m
難易度★★★★☆

コース概要

上高地バスターミナルから出発し、河童橋や明神館などの名所を通っていきます。梓川沿いを上流へ向かいますが、道は整備されていますので景色を楽しみながら進みましょう。

横尾の分岐で横尾大橋を渡り、横尾谷方面へ進みます。左側には屛風岩、前方には穂高連峰の主稜線が見えてくるでしょう。

本谷橋というつり橋を渡ると、涸沢の道に入り、ガレ場の急登ルートです。しばらく登っていくと視界が開け、涸沢カールに到着します。

涸沢小屋の右手に北穂高岳へ向かう登山道があります。ハイマツ帯を登っていった先には北穂高岳らしいごろごろした岩場です。

最初のくさり場とはしごがありますので、慎重に進みましょう。はしごを登りきると、南稜の取りつきに出てきます。浮石が多いザレタ道を進み、再びくさり場を登ります。その先もごろごろした岩場を登り切り、南稜テラスに到着です、左手に南峰、右手に北峰がみえますが、北峰が北穂高岳山頂になります。

山頂からは大キレット越しの槍ヶ岳や奥穂高岳へと続く切り立った岩峰群を一望できます。

山頂の景色を楽しんだら、帰りは再び南峰を通って涸沢カールへ下山しましょう。

2.中・上級者向け!北穂高岳から奥穂高岳・前穂高岳をめぐる周回コース

中級者でも、ツアーや上級者とともに巡れる穂高岳周回コースです。宿泊を増やして、ゆっくり登ってもよいでしょう。

コース・所要時間(目安)