アークテリクス スコーミッシュフーディ

アークテリクスというブランドについて「凄いブランドだなあ」と感じたのが、このスコーミッシュフーディとの出会いだった。

それまで僕が使っていたウィンドシェルはペタペタする生地で、直接肌に当たる箇所においては汗をかくとべたっと肌にまとわりついていた。その上、体の熱がなかなか外に逃げてくれないから蒸れてしまい着脱を繰り返していた。

そんな折、アークテリクスのスコーミッシュフーディと出会ったわけだ。

スコーミッシュフーディの生地質

アークテリクス スコーミッシュフーディ

まず驚いたのがその生地質だった。サラッとした肌触りに加えて、とても上質な質感は着心地がとてもよくペタペタした感覚が全くない。その上、微妙にストレッチが効いており腕を曲げたり、屈み込んで物を取るような動作にもストレスを感じることが殆どない。

通気性と防風性のバランスもよく、暑いと思ってもちょっと先に「寒くなるだろう」という想像が沸くようなシチュエーションであっても、着続けて汗をかきすぎる事もないし、着心地が気持ち悪く感じることも少ないから、ずっと着てられる。これは本当にありがたい。

アークテリクスのモノづくり

アークテリクス スコーミッシュフーディ

そしてこのスコーミッシュフーディの構造にも驚かされる。まず撥水加工が施されている点なのだけど、これがけっこうしっかりと水を弾いてくれる。小雨程度であれば、わざわざザックから雨具を出さずにやり過ごせてしまう。

そしてフードの構造もしっかり出来ていて、調整可能なドローコードと柔らかいひさしで頭を包み込むから、雨風からしっかりと頭部、顔面を守ってくれる。

 

アークテリクス スコーミッシュフーディ

旨のポケットの横には反射ロゴというデザインもかっこいい。この胸ポケットを使ってウェア全てを入れ込むと…

 

アークテリクス スコーミッシュフーディ

このように小さく収納出来るから、持ち歩くにもストレスを感じない。ザックでも外側の小さな収納スペースに忍ばすことができて、出し入れもしやすい。

 

アークテリクス スコーミッシュフーディ

ラミネート加工されたベルクロテープもしっかりとした作りだから、袖口からの風を遮断してくれ、扱いやすい作りになっている。

体を守ってくれることを重視し、扱いやすいパーツと構造を取り入れているというのが特徴だと思う。他のブランドで、スコーミッシュフーディよりも軽いウィンドブレーカーは沢山出ているが、僕にはこれがベストな選択と考えている。

この記事のタグ