ネイチャーバー

トレイルランニングや登山においての行動食では、エネルギー補給と電解質補給、アミノ酸補給と3つの目的別で考えるようにしています。

行動食で重要視している栄養摂取のポイント

行動食ネイチャーシング

この3つの補給食を栄養別に分解すると大きく5つに分けることが出来ると思います。それは脂質・糖質・タンパク質・ビタミン・ミネラルでいづれもそれぞれの役割があるといわれています。

例えば、エネルギーの源になる脂質や糖質は、そのままエネルギーになるのではなく、ビタミンやミネラルによってエネルギーに変えられます。またタンパク質を身体の構成要素に変える働きにも、数多くのビタミン・ミネラルが関与していると聞きます。

エネルギーを生み出すこと、身体を作ること、いづれもスムーズに代謝されるために、ビタミン・ミネラルがサポート役になります。このように考えると、バランスよく栄養を補給することがどれだけ重要なのかが、よく解るのではないでしょうか?

そしてこのビタミンとミネラルは、運動量が多くなると身体からの要求量が多くなるので、十分に摂取が必要となり、行動食はこの面を重視すると、結果アクティビティ中でも疲れにくくなるんです。

ビタミンが不足するとだるさや疲労感を感じやすくなるし、ミネラルが不足すると、貧血の症状に見舞われるし、運動中に足がつりやすくなる時には、カリウムとナトリウムとマグネシウムのバランスを疑うようにしています。

美味しくて栄養バランスがいいネイチャーバー

行動食ネイチャーシング

こういった心掛けの中で日常から行動食と、非常に気に入っている栄養バーがネイチャーシングです。この栄養バーは砂糖や甘味料を一切使わず、無添加で、自然な甘みで非常に美味しいんです。

ちょっと小腹が減った時に食べても、栄養バランスが良いので、仕事場にも持ち込んで、疲れた時に食べています。最近気にされる人も多くなった「グルテンフリー」。低GI値なので、消化に優しく、アレルギー反応の心配も少なく、血糖値の上昇が抑えられます。

ネイチャーシングの栄養素と2種類の味

今は2種類の味があって、アドベンチャーとエブリデーライフという商品名になっています。それぞれ栄養素が異なっていて、アドベンチャーは鉄分、マグネシウム、カリウムを補給でき、エブリデーライフは、食物繊維、亜鉛、鉄を補給できます。

ネイチャーバー
材料にはいづれにもデーツ、レーズン、オーツ、アーモンド、パンプキンシード、ゴジベリー、ココナッツオイルなどが入っており、アドベンチャーにはアプリコット、カシューナッツ、キヌアなどが、エブリデーライフには、イチヂク、チアシードなどと配合の違いがあります。

行動食ネイチャーシング

味わいはアドベンチャーは、ナチュラルテイストで、エブリデーライフはブラウニーテイストという違いも楽しめます。

ネイチャーシングのこだわりポイント

行動食ネイチャーシング

作り手の脇さんは、根っからのアウトドアマンで山に入って行動食を食べるときに、「こうだったら食べやすいのに」っていう視点でネイチャーシングを作ったそうです。

行動食ネイチャーシング

1つは栄養バーを少しづつ食べられるように、バーを折ったら一口サイズに簡単に割れるんです。一緒に山を楽しんでいる友達にちょっとあげたり、必要な分だけこまめに補給できます。

行動食ネイチャーシング

行動食ネイチャーシング

2つめは封が簡単に切ることができ、食べやすいということです。縦長のバーがあったとき、封を切る方向は縦なのが普通ですが、これは横に切るんです。これが結構食べやすくて、山での行動中には助かります。

ネイチャーバー

ネイチャーバー

食感も非常によく、ボロボロと落ちるようなバーではなく、噛みごたえがあって、満腹感もあるんです。これって結構よくて、仕事中おやつとして食べる時も、眠気覚ましになるし、脳がリフレッシュするように感じます。

行動食ネイチャーシング

以前作り手の脇さんに会った時に聞いたのは、食が心と体にもたらす影響に非常に関心があり、運動中に限らず日本人の食生活全体を本当の意味で豊かにしたいと思い、ブランドを立ち上げたそうです。なので、販売先はアウトドアショップだけでなく、自然食品スーパーやヨガスタジオ、ライフスタイルショップなど、幅広いジャンルの店舗で販売されているそうです。

ブランドは夫婦二人で運営しており、NATURE THINGを通じて社会に役立つ仕組みを作りたいという思いで、製造は外部の社会福祉法人に委託しているそうです。ハンドメイドで丁寧に作られているのは、非常に共感を感じます。

ネイチャーシングを購入する


トレイルランニンググッズを取り揃えるSo Cal