ファーストエイド

仕事で富士山ガイドをしています。富士山ガイドをするときに必ず持ち歩いているファーストエイドキットで、自分自身にはもちろん、登山を楽しむお客さんに対してもケアできるものを持ち歩いているので、ファーストエイドキットとしては、しっかりしている内容になっています。

今回は僕が持ち歩いているファーストエイドキットを1つ1つ、その使い方と目的を紹介したいと思います。

ファーストエイドキット其の①「冷却シート」

登山しているのが日中だと、日が暑くて熱中症になってしまう事があると思います。この時の対策として涼しい場所に移動できれば良いのですが、富士山など樹林帯が少ないところでは、日陰がなかったりするので、そういった時に身体を冷やす目的で冷却シートを使います。

冷却シートを頭や腋に貼ってあげて熱を下げる対策を行います。

ファーストエイドキット其の②「ガーゼ」

外傷ができて、出血をしてしまったときに、その傷口を抑えるために使っています。ガーゼを傷口にあてて包帯で抑えて処置をします。

ファーストエイドキット其の③「SOLヒートシート」

ヒートシートはその名の通り、身体を暖めるために使用するものです。例えばご来光を眺めるために、山小屋を夜中に出て、その後寒くなってしまったときに、ウェアを着たり、または自分以外であれば貸したりして寒さを凌ぐんですが、それでも寒くて、最悪動けなくなってしまったような時に、救助を待つまでの間、寒さを凌ぐ目的でヒートシートにくるまります。

ファーストエイドキット其の④「三角巾」

三角巾は2つ持っていくようにしています。腕が折れてしまうような大きな怪我のときって、他の場所も折れていたりする可能性があると考えていて、1枚よりかは2枚の方が安心です。また1カ所が折れてしまっていたとしても、1枚はごく一般的な巻き方をして、もう1枚で身体に巻きつけて固定したほうが、山で搬送する事を考えると安心なので、僕のようなガイドをする立場の人間は2つ持っていた方が良いと思ってます。1枚追加したところで大した重さでもないので、念には念を入れています。

ファーストエイドキット其の⑤「人工呼吸用マウスシート レサコ」

人口呼吸をする時に使用するマウスシートです。口対口の人工呼吸時に心配なのが感染です。患者さんがどんな状態で倒れたかにもよりますが、大きな病にかかっているかもしれません。そういった時に、助ける側が感染してしまって、共倒れにならないように、こういったシートは1枚忍ばせておくと非常に便利です。

逆止弁がついているので、一方向で、マウスピースとフェイスカバーで患者さんに触れずに人工呼吸が可能です。非常にコンパクトになるものなので、1枚あると良いと思います。

ファーストエイドキット其の⑥「手袋」

出血が酷い人を手当てするときに使用するのは手袋です。これも感染対策の為に使用するものです。どのような感染症にかかっているのかわからない他人の血液は非常に危険です。手当をしたのにも関わらず、自分が動けなくなってしまうのは登山中には非常にリスクなので、気を付けるようにしています。

ファーストエイドキット其の⑦「包帯・テーピング」

包帯はあってしかるべきという思いで、ファーストエイドキットの1つとして数えてます。基本的には三角巾を使う事が多くて、もし三角巾だけで対応できないときにつかうものといった、保障として考えています。

テーピングは万能です。外傷をしたときに包帯をとめたりするのがおオーソドックスな使い方で、他には捻挫をしたときに患部を固定する為に使います。また、これは怪我じゃないのですが、登山中にお客さんの登山靴が破けてしまって歩きづらくなってしまうことがあるんです。そういう時にテーピングをつかってグルグル巻きにして、履き続けられるようにします。ソールが剥がれてしまうような時にも使えて便利です。

テーピングの幅は中くらいのものを使っていて、使いやすいと思ってます。テーピングは縦にも横にも簡単に裂けて切って使えるので、大は小を兼ねると考えています。

ファーストエイドキット其の⑧「防水絆創膏」

「ニチバンシアテープ」といって、水仕事の多い方の指先保護などに適している絆創膏です。登山に置いては雨が降っていたり、また汗をかいても剥がれにくいという特徴があります。状況に応じて使う・使わないのジャッジをしています。

ファーストエイドキット其の⑨「ぬれコットン」

ママのウエットコットンという商品は、コットンに精製水100%という商品です。これは手を拭いたり、患部を濡らして綺麗にするときに使います。基本的には水は必ず持ち歩いているので、水を使って洗うようにしています。今は水が一番の消毒って言われていますね。

その他ピンセットやハサミなども携帯して、切ったり抜いたり、といった用途で、時間をかけずに応急処置をするように心掛けています。

これらは取り出しやすく、ひとまとめにしておけるようにパッキングして持ち歩いています。

山旅々のLINE@はじめました
友だち追加