高濃度酸素水・オキシーショット

レースで素晴らしい威力を発揮してくれるのは高濃度酸素水です。これはオーストラリアの会社が開発しているもので、ドーピングフリーで、副作用もない、純粋な飲む酸素です。

高濃度酸素水・オキシーショット

オキシーショットを飲むと、状態にもよりますが、心拍数がいっきに20ぐらい落ちます。心拍数が上がっている状態=しんどくて、「ハアハア」と息が上がっている状態から、20落ちるので、ものすごくラクになります。大げさじゃなくてスタート地点に戻った感じになります。

ぐんっと体が復活する感じがあって、レース以外にも疲れた体によく働いてくれます。オキシーショットを飲むことは、リカバリー以外にも、筋肉痛も出にくくなるし、睡眠もしっかりとれるし、非常に良い影響を体にもたらしてくれます。

photo by 山本 遼

海外だと医療現場にも使われているようで、効く効かないは別にして、花粉症や風邪といった症状の治療にも使われていると聞いたことがあります。

オキシーショットの使い方には気を付けています。例えば練習に使うと、あまりにも効くので、自分の出し切れる限界の上まで力を出せてしまい、故障の原因になってしまいます。いわゆる筋肉を限界以上で使ってしまうので、普段の練習から飲み続けていると、危険であることがわかると思います。

普段の生活ではリカバリーとして活用しています。

メインの使い方としては、「レースでラクに走るため」という思考が強く、良い結果を出すために、タイミングを計って摂取します。

タイミングとしては1時間に1回ぐらいをベースにするというのがスタンダードです。1回に飲む量が、5mmぐらいで、オキシーショットの蓋一杯分ぐらいです。レース中は蓋に注いで飲むわけにはいかないので、お弁当に付いているしょう油差し、タレビンにいれて、それをポケットに入れて途中で摂取するという使い方をしています。

飲んだら直ぐ効きだします。私の場合はそれこそ、1分~5分の間で効きだしていることがわかります。

山旅々のLINE@はじめました
友だち追加