携帯用ドリッパー『ミュニーク テトラドリップ』

山の上で飲むコーヒーは格別です。だからコーヒーの粉を持って行って、山の上で美味しいコーヒーを淹れています。

日帰り登山であれば、ランチタイムに山ごはんを楽しんだあとに、じっくり時間をかけてコーヒーを淹れて、ゆっくりとコーヒーを味わって過ごす時間が大好きです。テント泊登山であれば、淹れたコーヒーにウイスキーと砂糖を入れて、アイリッシュコーヒーを楽しむ事もしばしばです。

携帯用ドリッパー『ミュニーク テトラドリップ』

そんなコーヒーを淹れる道具として、愛用しているのがミュニークのテトラドリップです。ユニークな作りで、非常に軽く、コンパクトになる携帯用ドリッパーです。

おすすめポイント

  • 直径56~128mmのカップや容器に設置可能
  • 分解してコンパクトに薄く持ち歩くことが可能
  • 耐熱温度120℃で熱いものでも安心

商品概要

ブランドミュニーク
商品名テトラドリップ
商品説明高い安定性と超軽量を実現したカップ3.5杯分のコーヒーが抽出可能な携帯用のコーヒードリッパー
価格¥1,500 (税込)
素材ポリプロピレン
サイズ135mm×90mm×6mm
重量25g

管理人の評価・レビュー

総合評価★★★★☆
快適性★★★★☆
軽量性★★★★★
コンパクト性★★★★★
コストパフォーマンス★★★★★
携帯用ドリッパー『ミュニーク テトラドリップ』

重さは自宅で計ったら11グラム。商品説明には12グラムとあります。まあとにかく軽いです。そしてポリプロピレンで出来ているのでフニャフニャせずにしっかりとした作りです。

携帯用ドリッパー『ミュニーク テトラドリップ』

1枚1枚が板のようにバラバラになって、同じ形の板が3枚という構成になっています。

携帯用ドリッパー『ミュニーク テトラドリップ』

これをジッパーに収めれば、カップの中に収まるくらいの大きさになって、全く邪魔になりません。

携帯用ドリッパー『ミュニーク テトラドリップ』
携帯用ドリッパー『ミュニーク テトラドリップ』

ドリッパーに組み立てるのもとってもラクで、板に空いた穴に、もう一方の板を差し込んでを繰り返して形が出来上がります。

携帯用ドリッパー『ミュニーク テトラドリップ』

コーヒーカップの上に立てても、非常に安定感があります。ただし非常に軽いので、風が吹くと飛んでいってしまいます。だから風が強いときには風下に隠してコーヒーを淹れるようにしています。テント泊の時にはテントの前室を使って淹れることが多いです。

携帯用ドリッパー『ミュニーク テトラドリップ』

登山にはもちろんですが、旅行に出かけるときにも持ち歩いてます。旅行先で見つけたコーヒーショップでコーヒー豆を手に入れて、その地のコーヒーを飲むのも旅行の楽しみの1つになっています。

超軽量アイテム

テント泊おすすめギア

アマゾンランキング

  • ダウン パンツ
    250g:ダウン パンツ
    Amazon
  • ダウンジャケット
    174g:ダウンジャケット
    Amazon
  • ベースレイヤー
    236g:ベースレイヤー
    Amazon
  • マグマ
    マグマ
    Amazon
  • SnowPeakチタン
    50g:SnowPeakチタン
    Amazon

楽天ランキング

パタゴニア注目ウェア

  • フーディニ・ジャケット パタゴニア注目ウェア
    フーディニ・ジャケット
    Mens Womens
  • ライトウェイト・シンチラ・スナップT
    ライトウェイト・シンチラ・スナップT
    Mens Womens
  • マーニャ・フリース・パンツ
    マーニャ・フリース・パンツ
    Mens
  • テルボンヌ・ジョガーズ パタゴニア注目ウェア
    テルボンヌ・ジョガーズ
    Mens
  • ナノ・パフ・ジャケット
    ナノ・パフ・ジャケット
    Mens Womens

この記事をシェアする

関連キーワード

この記事の紹介者