山ごはん「仙台麩」

山ではお肉を持って行く場合、季節にもよるが、腐る、重いなど悩ましさが付きまとう。それを払拭してくれるのが油麩。腐らない、軽い、でもお肉のような食感と満足感が楽しめる。

山ごはん「仙台麩」

油麩はタンパク源であるグルテンを油で揚げたものなので、山の中で補いたい栄養を摂取できるから一石二鳥!素晴らしい食材だと考えている。

山ごはん「仙台麩」

今回はそんな油麩を使った非常に簡単な山ごはんを紹介。

山ごはん『仙台麩回鍋肉』の材料(2人分)

山ごはん『仙台麩回鍋肉』の材料

・回鍋肉の素
・仙台麩
・乾燥野菜
・水

山ごはん『仙台麩回鍋肉』の作り方

山ごはん『仙台麩回鍋肉』の作り方
山ごはん『仙台麩回鍋肉』の作り方

山ごはん『仙台麩回鍋肉』の作り方

① 仙台麩と乾燥野菜を水で戻す
② 水で戻した仙台麩を炒める
③ 乾燥野菜を加えて炒めた仙台麩とあえる
④ 回鍋肉の素を入れて馴染ませたら出来上がり

山ごはん『仙台麩回鍋肉』のアレンジ&ポイント

山ごはん『仙台麩回鍋肉』のアレンジ&ポイント

・乾燥野菜ではなく、生野菜を持って行けたら、その方が美味しい。キャベツ、ピーマン、長ネギを事前に切っておいてジップロックに入れて持って行く。

・仙台麩がない場合は大きくて厚めの麩を持って行っても良い。その際に麩の種類を見極めておくと良い。茹でて製品にした「生麩」、焼いて製品にした「焼き麩」、原料を揚げた「揚げ麩(油麩)」、原料を煮た後に乾燥させた「乾燥麩」があるが、仙台麩はこの中の「揚げ麩(油麩)」にあたる。宮城県で油麩丼という名物があるほどに、お肉の変わりに使われるような噛み応えが特徴。

塩にぎり

・ごはんは塩おにぎりが個人的には携帯性にも優れてて個人的には好き

使用した道具

esbit アルミフライパン

・esbit アルミフライパン

esbitグリッパー

・esbitグリッパー

・スノーピークマイクロマックス ウルトラライト

・スノーピーク ギガパワーガス250 プロイソ

esbit チタニウムスポーク

・esbit チタニウムスポーク

山ごはん『仙台麩回鍋肉』のおススメ度

・お腹いっぱい度:★★★★☆
・お酒のおつまみ度:★★☆☆☆
・お手軽度:★★★★★
・軽量度:★★★★★

山旅々のLINE@はじめました
友だち追加