ニュージーランドには北島と南島

ニュージーランドには北島と南島がある。日本の感覚からいうと北が寒くて南が暖かいのだけれど、ニュージーランドでは逆で、北が暖かく南が寒い。
もう1つ真逆なことがあって、日本の冬の時期に暖かく夏に寒い。クイーンズタウンでは1,2月が最も暖かく21度が平均最高気温。7月が最も寒く平均最低気温がマイナス1.7度。日本感覚で考えるとこんがらがってしまう。

この記事を書いている1月より2か月前の11月の中旬に旅立った時期は、日本は秋、ニュージーランドは春で、気温差はあまりないのだけれど、調べてみると雪が降ることもあるという。

今回はクイーンズタウンで数日滞在した後、世界遺産でもある南西ニュージーランド・フィヨルドランド国立公園にあるミルフォード・サウンドへ向かう。その後、ワイナリー巡り、テカポ湖とマウント・クック国立公園、キャッスルヒルに立ち寄り、最終クライストチャーチから日本に帰るというプラン。

美しきクイーンズタウン

美しきクイーンズタウン

今回はクイーンズタウンを紹介する。僕がニュージーランド南島で知っている都市はクライストチャーチとクイーンズタウンぐらいだった。いずれも空港があるからだろうが、クイーンズタウンの市街地人口が3万弱に対して、クライストチャーチは34万と10倍近くの人口の差がある。

クイーンズタウンに到着すると、こじんまりした空港の周りを雄大な山が囲み、直ぐ近くにワカティプ湖という、これまた雄大な湖があり、日本で考える「都市」という価値観を大きく覆される景色に感動する。

美しきクイーンズタウン

今回は親孝行という目的も含めた山旅であり、ハードなアクティビティの計画はなく、ハイキングを無理なく楽しもうと思っていたのだが、この自然に囲まれると、トレイルラン、カヤックなどのアクティビティを楽しみたい欲求にかられる。

クイーンズタウンで楽しめるグルメ

Pedro's House Of Lamb

クイーンズタウンでの目的はグルメと決めていた。まず手始めにラム肉に定評のあるPedro’s House Of Lambでランチを。予約をして焼き始めるとあったので、ウェブで予約をしてお店へ。予定の時間より早く到着して、お店のスタッフに「買える?」と尋ねると「もちろん!」と返事が。

ニュージーランド人の暖かな心遣いがうれしい。

Pedro's House Of Lamb

お店の中では美味しそうなグリルポテトとオーブンらしき機器の中で眠る大きなラムが。

Pedro's House Of Lamb

メニューは1つ。Slow Roasted Lamb Shoulderとポテトが2種類で50ドル。人数は4人だから、この大きさでもペロリと食べることができそうだ。

Pedro's House Of Lamb

近くのスーパーでニュージーランド産のクラフトビールを購入し、ワカティプ湖畔で食べることにした。気候は程よく涼しく、あまりにもゆっくりと流れる時間の中で、雄大な景色を楽しみ、最高に旨いビールとラム肉&ポテトを頬張る。

ワカティプ湖畔

贅沢な時間を満喫した僕らは、クイーンズタウンの街中を徘徊する事に。ショッピングを楽しめるエリアの目の前に、雄大な自然が見渡せる、その不思議な空間はとにかく時間がゆっくりと流れ「こういうのが贅沢だよな」とひとり合点する。

クイーンズタウンならではの時間と景色

クイーンズタウン

東京って忙しいよな。将来こういう本質的にゆっくりとした時間が流れる空間で過ごしたい!と強く思いながら景色を楽しみ、森と湖と空のコントラストの美しい景色を眺めながらゆっくりと歩く。

ふと時計をみると18時。え!?もうこんな時間!と驚く。それもそのはず、18時にも関わらずまだ外はとても明るい。そろそろホテルへと向かう。その途中でアウトドアショップに立ち寄ってみた。

サンドフライ

そういえばニュージーランドではサンドフライという日本でいうブユのような、刺されると非常に痛い虫がいる。(ブユは刺すんじゃなくて噛むのだけど)

こいつがゴマ粒程度の小ささで、蚊に刺されたときの痒みと比較にならないほど非常に危険であることが事前調査で知っていた。

これから行く場所では多く出没する可能性があるということも解っており、更には現地で手に入れる薬でしか対処が出来ないという事だったので見てみることに。

多くの種類があり、それなりの金額がする。こういう現地でしか手に入れることのできないアウトドアアイテムを見るのは楽しい。そしてアウトドア好きとしてはこれが日本でどこまで通用するのか試してみたい。全部購入して試したいのだけど、ひとまず1種類だけ購入することに。

ショップの中には広いスペースにMTBコーナー

ショップの中には広いスペースにMTBコーナーがあるのもニュージーランドならでは。楽しめるアウトドアアクティビティの幅が広く、アウトドアが非常に身近な環境にあることがわかる。

1日目の宿泊場所はクイーンズタウン空港のすぐそばにあるWyndham Garden Queenstown。出来立てほやほやのホテルだ。途中で買い出しをしてホテルの中で食事を楽しむ事に。

Wyndham Garden Queenstown

今回宿泊したどこのホテルにもキッチンスペースがあり、買いだして食事を楽しむのには苦労しなかった。部屋の外から見える景色はまるで絵画のようで、驚きによる感嘆の声しか出てこない。

Wyndham Garden Queenstown

この明るさで時間は20時というのも驚く。

明日はクイーンズタウンで有名な…いや世界でも有名な世界一うまいと称賛を浴びているハンバーガーショップ「ファーグバーガー」での重い朝ごはんではじまり、その後、ミルフォードサウンドにほど近い街テアナウで時間を過ごし、2日目の宿泊場所「フィヨルドランド ナショナル パーク ロッジ」に向かう。

トレイルランナーをサポートするスマホ「トルクG3」
山旅々のLINE@はじめました
友だち追加