闇を灯すギアといえば、ヘッドライト、ハンドライト、ランタンなどなど……。どれも電池式だったり、火を使うものだったりするが、丈夫で軽くて安全、そして、おしゃれなのが、「solar puff(ソーラーパフ)」だ。

ソーラー充電式エアランタンは軽くて、丈夫で、安全。そして明るい。

ソーラーパネルを装備した発光ギアは数多くあるが、これはちょっとほっとけない。

メーカーサイトには“紙風船のように膨らませるエアランタン”と記載されている。

まさしくその通り。

たたんだ状態。カナビラ等に引っ掛けておくこともできる。

ぺちゃんこの状態から、引っ張ってキューブ状に膨らませる。

上部のフックを引っ張って、キューブ状に広げる。

スイッチオン。すると、予想以上の発光力で、闇を照らしてくれる。

ソーラーパネル部分のスイッチを押すと、明るく、幻想的な灯が放たれる。

明るさは強(90ルーメン)、弱(60ルーメン)、点滅モードの3モード。

約500回繰り返し充電でき、直射日光約8時間でフル充電。

点灯時間は6時間(強)、12時間(弱)。

重さは約75gの超軽量LEDランタンで、収納時はペタンコ。

キューブ状のところは、破れにくい軽量素材で知られるヨットの「セイル生地」を採用。

耐水性はIPX-6。落としても、雨に濡れても、問題なし。

火を使わないので、子供でも安心して使える。

そして、なによりも魅力的なのが闇を灯す、幻想的な明かりだ。

キューブ状に広げた際、セイル生地がLED灯の明かりを、一層輝かしく拡散。

置くだけでもいいが、できれば高いところに吊るして、

灯すのがベストだろう。

吊るすと、より灯が拡散されて、明るさが増す。

白色灯をはじめ、暖色灯のウォームライトや5色のファイブカラータイプなどがラインナップ。

価格も3,672円(税込)程度と、お手頃。

私が知ったのは、冬の山小屋で友人が使っていたからだが、

Amazonで即注文したのを、今でもはっきり覚えている。

持ち歩きも軽くて、明るい!!

日中に太陽の光で充電して、夜を灯す。

アウトドアだけでなく、インドアでも十分使える発光ギア「solar puff(ソーラーパフ)」。

お部屋で使っても、かなりナイスな感じだ。

これは買いだと思う。


この記事のタグ