日帰り登山、縦走登山と登山スタイルは様々です。日帰り登山での食事はコンビニのおにぎりやカップラーメンなどで済ませる方も多いと思います。縦走登山では荷物を軽くする為に、アルファ米の食事で事足りるというのも現実です。そんな簡単に済ますことのできる食事スタイルでも、しっかりと作りこむ山ごはんにも使える食材としておススメなのが乾燥野菜。

今回はそんな乾燥野菜の中でも僕がよく使用している乾燥野菜を紹介したいと思います。

ひかり味噌 畑の具 190g

キャッチコピーは「いつものスープにちょっとプラス」というもの。お味噌汁にはもちろん、カップ麺や炒め物などの料理にプラスして栄養と彩りをプラスしてくれます。

畑の具とあるように、畑で採れる5種類の野菜がミックスされて乾燥具材としてパックされています。具材の内容は、チンゲン菜、キャベツ、にんじん、とうもろこし、大豆たんぱくが入っています。おすすめポイントは乾燥野菜としては価格がお手ごろです。

ひかり味噌 海と畑の具 100g

上記と同じシリーズで、こちらは海と畑の具がミックスされています。キャッチコピーも「いつものおみそ汁にちょっとプラス」という味噌汁の具としてオーソドックスな、わかめ、しじみ、油あげ、ねぎ、とうふが入っています。

お味噌汁以外にもカップラーメンなどでも使えます。わかめが多めにはいっているので、具材が多くなって満足感も味わえます。

魚の屋 ラーメンの具 10個

ラーメンを作るときにさっと入れるだけ、簡単調理なラーメンのトッピングです。わかめ、キャベツ、人参、コーン、ねぎの5種類が入っておりカップラーメンが豪華になります。1袋20g当たりが小分けになっているので、1食分として持ち歩くことが出来るのが登山者には嬉しいポイントです。

九州ドライベジ 乾燥野菜 九州産 野菜&わかめ ミックス 100g

国産の野菜を乾燥したちょっと高級な乾燥野菜という位置づけです。にんじん、キャベツ、小松菜、わかめの4種類が入っていて、いずれも九州産です。炒め物にいれて食べたときのイメージはサクサクとした食感です。

僕の場合は煮込み料理に入れて使うことが多く、5分ほどの煮込むとしっかりと戻ってくれます。塩ラーメンなどにいれると野菜の出汁もしっかり出て、入れるのと入れないのとでは個人差はあると思いますが、美味しさが違うという印象です。しかもしっかりと栄養もとれるので重宝しています。

吉良食品 乾燥野菜7袋セット

小松菜40g、大根葉40g、ねぎ10g、ほうれん草30g、人参・40g、ごぼう35g、れんこん25gとそれぞれの野菜が小分けになっているタイプのものです。これは主に縦走登山で持ち歩くことが多いのですが、今日は小松菜、明日は大根といったように味や食感や彩りの違いを、同じ食事の中でも違いを出すことができるというのが良いところです。

僕が好きな山ごはんの1つに炊き込みご飯がありますが、いづれかの野菜を水に浸しておいて、その水と戻した乾燥野菜をお米にいれて炊くと美味しい炊き込みご飯が完成します。

釜炒り焼き玄米フレーク 1kg

お湯で戻したらお米になり、栄養価も高く携帯性にも長けているので、登山にはとっても重宝しています。しかし個人差はあると思いますがお米として食べるには少々味気なく、リゾットのように食べると美味しく頂けます。スープに混ぜれば雑炊風にもなるし、腹持ちが良いのも特徴です。