MSRアルミ製ティーポット

ある日テント場で、ドリップコーヒーを作っている最中にお湯をこぼしてしまった。その拍子にコーヒーの粉がカップに入ってしまい残念な思いをした。そのときふと「小さなポット1つあれば山での食事や飲み物をまかなえるし、使い勝手が良いから、こぼすことも少なくなるのではないか?」と思いたった。

MSRアルミ製ティーポット

それから僕のポット探しがスタートし、辿りついたのがMSRのPIKA 1Lという軽量なアルミ製ポット。精密にデザインされたこのMSRのポットは非常に使いやすく、感動のあまり自宅でもキャンプでも山でも、どこでもお湯を注ぐ道具として欠かせない存在となった。

MSRアルミ製ティーポット PIKA 1 Lの注ぎ口

MSRアルミ製ティーポットの注ぎ口

美味しいコーヒーを山の上で飲むのは格別だ。せっかくポットを持っていくのならば、コーヒーの粉の中心に小さな「の」の字を描くように優しく注いでみたい。そんな僕の希望に応えてくれた唯一のポットがMSRのPIKA1Lだった。

MSRアルミ製ティーポットの注ぎ口

MSR PIKA1Lの注ぎ口をみるとその精密さに感動する。注ぎ口は丸ではなく、下方だけV字に成形されており、細くゆっくりとしたお湯を注ぐことができるようになっている。また水切れがよく水滴が垂れない。

カップ麺や尾西のアルファ米など、多くのお湯を注いぐ時“点線まで”という、ライン以上にお湯を注がないように気をつけるときにも使いやすい。

MSRアルミ製ティーポット PIKA 1 Lのハンドル

MSRアルミ製ティーポット PIKA 1 Lのハンドル

お湯が出来るとハンドルを掴んで、お湯を注ぐことになる。素手で掴めば火傷をしてしまうのでグローブやミトンや鍋つかみのようなものが必要になるのが普通だ。しかしMSR PIKA1Lはハンドル部分が立った状態で止まってくれる。だから火にかけても熱くなりにくい。さらにハンドルには熱くなりづらい素材がラミネートされているので、安心感を高めている。

MSRアルミ製ティーポット PIKA 1 Lのハンドル

お湯を沸かしお湯を使うという一連の流れの中で、ハンドルが立ってくれた状態で止まるというのは非常に使い勝手が良い。アルファ米にお湯を注いだ後に、スープを作るのにお湯を使い、食後にコーヒーを飲む。数十分という短縮された時間の中で、なんどもティーポットを手に取るような場合には大いに助かる。

MSRアルミ製ティーポット PIKA 1 Lの蓋

MSRアルミ製ティーポット PIKA 1 Lの蓋

登山中のテント場では限られた水でお湯を作る。近くに水場があれば別だが、そうでなければ水は命をつなぐための大事な飲料になる。だから作ったお湯は最後の1滴まで大事に使いたい。ポットを使っていると、最後に残ったお湯を注ぐときに、蓋が取れてしまって、蓋からお湯が出てしまい火傷をしそうになるという経験がある。

でもMSR PIKA 1 Lはここにも考えられた工夫が施されている。それは蓋に引っ掛かりが施されていて、容易に蓋が外れないようになっている。また蓋そのものがコポリエステル素材で、熱くなりにくい作りになっている。お湯が足りなくなったら蓋をあけて水を追加することも容易に行える。

MSRアルミ製ティーポット PIKA 1 Lの蓋

更に間口が広いので、手入れも簡単で、コンパクトなストーブやライターなどを中に入れておく事ができる。また、深さがあるのでクッカーとしても使用できるのでソロであれば、これひとつで十分まかなえる。重量は136g。1リットルものお湯を作ることができるので、仲間との登山にも使えるし、ソロハイクにも使いやすい。キャンプや日常にも取り入れてその使い勝手の良さを味わって欲しい。

MSR(エムエスアール) 【国内正規品】ピカ1Lティーポット 1L 39002

この記事のタグ