NEMO

テントで寝るということが普段の就寝快適度から比較すると寝心地が悪いというのが今までの考えでした。しかし今回紹介するNEMOのテントマット「コズモ 3D ロングワイド」は驚くような寝心地の良さと、今までのテントマットにはなかった機能が備わったユニークなマットです。

NEMOマット コズモ 3Dロングワイドの寝心地の良さの秘密

NEMOマット コズモ 3Dロングワイド
NEMOマットのコンパクト性

NEMOのテントマット「コズモ 3D ロングワイド」は本体重量が970グラムで収納サイズは27×φ12cmと登山用の軽量テントマットと比べると重量がそれなりにあります。またサイズもコンパクトとはいえないので、僕はベースキャンプを張ってキャンプ場周辺で遊ぶというようなプランの際に使用するテントマットとして考えています。

NEMOマットのサイズ
NEMOマットのサイズ
NEMOマットのサイズ
NEMOマットでの寝心地

膨らませて広げた際のサイズは幅が64cm、長さ193cmと名前の通りロングでありワイドです。そしてこれがNEMOのテントマット「コズモ 3D ロングワイド」の凄いところで、緩やかに体に沿うようにカーブを描くバッフル構造になっていて、寝ていると中央部で包み込まれている感覚があり、安定感が高いのです。

NEMOマットの厚み
NEMOマットの厚み

厚みは9cmあり、インフレータブルのテントマットとしてはかなり厚みがある部類に入ります。バルブの開閉で細かく空気を出し入れして自分の好みのマットの張りを簡単に調整できるのも素晴らしいです。NEMOのテントマット「コズモ 3D ロングワイド」の次なる特徴バルブについて説明します。

NEMOのテントマット「コズモ 3D ロングワイド」の空気の出し入れ

NEMOマットのハイスピードフットポンプ

インフレターブルテントマットの難点の1つに空気の出し入れがあると思います。空気を入れるのにバルブを加えて口から注入するのには時間もかかれば、体力も消耗します。ポンプサックを使って空気を入れるという手段もありますが、セットして空気をポンプサックに入れてというのも若干億劫だったりします。コズモ 3D ロングワイドには「ハイスピードフットポンプ」という機能が備えられており、バルブを開けて足を使って踏み込めば一気に空気が入ります。

NEMOマットのハイスピードフットポンプ

ロングでワイドな9cm厚のゴージャスなテントマットに空気を注入するのが、こんなにも簡単に行えるのは非常に助かります。テントを設営して、キッチン周りを整頓して・・・と一連のキャンプ準備作業の中で1つのストレスがなくなったという気持ちです。

NEMOマットのデフレーションバルブ
NEMOマットのデフレーションバルブ

設営だけじゃなく撤収の際に目を向けても、頭部側のデフレーションバルブを開けることで一気に空気を抜くこともできるので素早い撤収が可能です。

このデフレーションバルブはバルブが二段階式になっており、蓋を開けた途端に空気が抜けるのではなく、蓋を開けて中の突起物を軽く押すと空気が抜ける仕組みになっています。パンパンにマットを膨らませすぎたなあと思えば、この突起部分を軽く押さえて空気を抜いて調整することもできます。

NEMOのマット

寝心地の良さとポンプ機能を持ったインフレータブルマットとしては、非常にコンパクトで軽量な部類に値すると思って、キャンプの就寝を楽しんでいきます。