栃木県 日光白根山

日光白根は公共交通機関を使って行くには不便だから、茨城に住む登山仲間と日光駅で待ち合わせをして、僕は電車で、友人は車で来て待ち合わせをして便乗させてもらって行く事が多いです。

白根山は前白根、奥白根と幾つかのピークがあって、池や沼など水辺での景色が楽しめたり日帰り登山を楽しむのにはうってつけで、とても好きな山の1つです。そして日光白根が好きな理由のもう1つが、登山後に楽しむ湯元での温泉と、中禅寺湖畔にある浅井精肉店のソースカツ丼を楽しむ事。

日光白根の弥陀ヶ池

白根山で多く楽しむ登山ルートは菅沼登山口から弥陀ヶ池まで行って、そこから白根山に登り、五色沼を経由して弥陀ヶ池に戻ってくるというのが多いです。この登山ルート上に僕が大好きな景色があるんです。

日光白根で見る大好きな景色

五色沼

白根山から降りてきてダケカンバやハンノキの森を抜けて、少し歩くと「パッ」と視界が広がるんです。そこには五色沼が広々と望めて、周りにはオオシラビソが景色を彩ってくれている。この景色をみると、まるで日本ではない海外で登山を楽しんでいるような錯覚に陥るんです。

日光白根の五色沼

青空が広がることもあれば、ガスで上空を覆う時もあって、どちらも幻想的な景色を楽しめます。日光白根は新しい火山だから植生も独自の世界があって面白いんです。例えば北アルプスで登山をするときに目にする森林限界より奥の高山帯ではよくみられるハイマツが日光白根にはないんですね。そういうを気にしながら歩くのもまた楽しいもんです。

日光白根の五色沼

五色沼で山ごはんを楽しみ、景色を楽しみ、とにかく時間を有意義に使って過ごすんです。極上の登山時間ですね。この景色にとってもおススメアイテムがクレイジークリーク / Crazy CreekのHEX2.0 オリジナルチェアです。あまりにも気持ちよすぎてウトウトと寝てしまうこともしばしばです。