ブラックダイヤモンド ディスタンス8

トレイルランニングや登山、普段から行っている帰宅ランまでと愛用しているザックはブラックダイヤモンドのディスタンス8です。サイズは8と15があって小さいサイズを愛用しています。

ブラックダイヤモンド ディスタンス8の特徴

ブラックダイヤモンド ディスタンス8の特徴

トレイルランニング用のザックというよりはマウンテンランニング用ザックという位置づけです。整備されたトレイルを走るというより、岩場があったり、ガレ場があったり、雪があったりと、路面を選ばず行動するための必要な装備を持ち歩ける作りというのが魅力です。

ブラックダイヤモンド ディスタンス8の特徴

例えばアックスフォルダーがザックのフロント部分に備えられていて、左右の隙間にトレッキングポールを差し込んで持ち歩けるような作りになっているなどが特徴的です。

ブラックダイヤモンド ディスタンス8のポケット

これらの作りはトレイルランニング用ザックのフォーマットをベースに作られているので、背負ったまま様々なものが取り出しやすいように作られており、ポケットの数も豊富でランニングシーンにおいても、とても使いやすいです。

トレイルランナーのジョー・グラントがブラックダイヤモンドのディスタンスシリーズの設計に携わっているので、彼の経験からの使いやすさが随所に施された作りとなっています。

ブラックダイヤモンド ディスタンス8のデザイン性

ブラックダイヤモンド ディスタンス8のデザイン性
ブラックダイヤモンド ディスタンス8のデザイン性

作りはベストタイプなのですけど、見た目はザックっぽくシンプルな作りとなっています。

ブラックダイヤモンド ディスタンス8のメインポケット内部

メインのポケットの中はハイドレーションがセットできて、小物入れが付いているぐらいのシンプルな作りです。また荷物が少なければコンプレッションによって小さくすることができるので様々なシーンに使用できます。

ブラックダイヤモンド ディスタンス8のザックの締め方

ザックをしめる際はドローコード一本で瞬時に行えます。中のサイズはA4サイズのものが入るので仕事に行くときにも使っています。僕は平日には帰宅ランをするので、普段使いにも違和感なく、ランニングにも使いやすいというディスタンス8のデザインが気に入っています。

ブラックダイヤモンド ディスタンス8の使いやすさ

ブラックダイヤモンド ディスタンス8の使いやすさ

ブラックダイヤモンド ディスタンス8の背中にはBDDryという伸縮性と防水透湿性を兼ね備えた素材を採用しています。これによって背中から出る熱を効果的に放出してくれ、暑い時期には快適です。更に背中の汗がザックの中のものを濡らさないように、フィルムが入っているので、大事な書類などを汗で濡らす心配もありません。

ブラックダイヤモンド ディスタンス8の使いやすさ

ザックのフロント部分には随所にリフレクターが施されているので、夜暗い場所を走っている際の、後ろからの視認性を確保してくれます。更には荷物を入れる箇所とザック前面の僅かな隙間にライトを入れれば、外側に明かりが透けるので、例えば夜公道を自転車で走るような際には、リアライトの1つとして安全の確保にも役立ってくれます。

ブラックダイヤモンド ディスタンス8を使った僕の遊び方

ブラックダイヤモンド ディスタンス8の使いやすさ

夏場には着替え、サンダル、タオルを入れて日帰りで山を楽しんだり、最近では釣り道具を入れて、ザックを背負って走りにいって、自宅の近くにある川でブラックバスを釣ることを楽しんだりもしています。