スマートウール ボクサーブリーフ

スマートウールのボクサーブリーフは大きく分けて2種類あります。ポリエステルの混紡率を高め、耐久性と速乾性をプラスしたメリノスポーツと、メリノウール比率の高いボクサーブリーフという2種類です。今回紹介するのは後者のメリノ150ボクサーブリーフです。

スマートウール ボクサーブリーフの良さ

スマートウール ボクサーブリーフの良さ

メリノ150ボクサーブリーフは無地、パターン、プリント柄があります。素材はウール87%、ナイロン13%で、コアスパン構造といって、ナイロンにメリノウールの繊維が巻きつけてあります。これによって耐久性が上がり、肌に当たる部分はメリノウール100%なので心地よい肌触りを実感できます。

スマートウール ボクサーブリーフの良さ

ウエストバンド内側もメリノウールでカバーしているので、例えばヒップベルトを締めたり、ズボンのベルトを締めたりしてもガサガサ感がなく、ストレスを感じることがありません。

スマートウール ボクサーブリーフの良さ

スリムフィットな作りだけど窮屈感は全くなく、ずっと快適という履き心地のよさがあります。あまりにも好きなので、10枚ぐらい持っていて、ローテーションで毎日履き続けています。

スマートウール ボクサーブリーフを選ぶ理由

スマートウール ボクサーブリーフを選ぶ理由

メリノ150ボクサーブリーフは、普段使いと日帰り登山・テント泊登山などで選択しています。トレイルランニング時はスマートウールのメリノスポーツラインド8インチショーツという、メリノスポーツ150ボクサーブリーフと同素材のインナーを内蔵したショーツが大好きで、これを履いて走っています。このインナーは、ウール56%、ポリエステル44%という素材なので、速乾性に長けています。

スマートウール ボクサーブリーフを選ぶ理由

縦走登山時は数泊するからといって、下着を幾つも持っていくと装備が嵩張ります。だからブリーフは履き続けたままというのが一般的だと思うのですが、そうすると汗冷えや、特に臭いが気になります。

スマートウール ボクサーブリーフ

メリノウールを87%使用しているので、防臭効果が高く、ゆっくり乾いていくメリノウールの特性があるので、汗冷えも抑えられます。股間周辺・お腹周り・太ももが汗冷えを起こすと不快に感じますが、これを下着によって軽減することができるのは、大きなメリットだと考えています。

価格はそれなりにしますが、例えば5枚持っていて、週7回のローテーションで履き続けたとしても、3年ぐらいは履き続けられるんじゃないかと思います。実際に僕は2017年に現在のモデルが登場してから履き続けていますが、生地が擦れても薄くならず、ウエストバンドは伸びもなくずっと履いています。

1回履いちゃうと他のパンツが履けなくなるぐらいの心地よさがあり、長く履き続けられるからとってもおすすめです。実は本国ではこのボクサーブリーフが、数あるスマートウールアパレルの中で一番人気なのです。

この記事のタグ