プロトレイルランナーの上田瑠偉選手(26歳・コロンビアスポーツウェアジャパン所属アスリート)が達成した悲願のSKYRUNNER WORLDSERIES総合優勝(アジア人・日本人初)。先日、その報告会が都内某所で催されたので、世界王者の勇姿をひと目見ようと参加してきた。

アジア人・日本人初の総合優勝

上田瑠偉(26歳・所属コロンビア)。トレイルランニングフリークにはご存知の方も多いかもしれない。2014年、日本で最も権威のあるレース日本山岳耐久レース(ハセツネ71.5km)を最年少(当時21歳)&大会新記録(7:01:13)で優勝したのを先駆けに、2016年には「ウルトラトレイル・デュ・モンブラン CCC(101km)」で2位、「ユース世界選手権」コンバインド種目で優勝、「アジア選手権」で優勝と、日本を代表するトレイルランナーだ。

その上田瑠偉選手が、またもや、世界的快挙を成し遂げた。「SKYRUNNER WORLDSERIES」で、年間ランキングでアジア人・日本人初となる総合優勝を勝ち取ったのである。

*SKYRUNNER WORLDSERIESは、2年に1度開催される「スカイランニング世界選手権」と並ぶスカイランニングの2大タイトルのひとつ。16戦の獲得ポイントで年間王者が決定するシリーズ戦。

2019年10月19日にイタリア・ロンバルディア州・リモーネで開催された、SKYRUNNER WORLDSERIESの最終戦THE SKY MASTERSで1位となり、年間王者になった上田瑠偉選手。

山岳スキー選手でもあり、暫定首位だったオリオル・カルドナ選手(スペイン)を12秒差でおさえての逆転優勝。

今後は、さらなる高みを目指すため、活動拠点をフランスのシャモニーに移し、アスリートとして活躍をしていくという。今後の目標は、来年2020年にスカイランニング世界選手権3位以内の入賞を皮切りに、2021年にトレイルランニング世界選手権優勝、2022年スカイランニング世界選手権優勝、そして、2026年にはUTMBで優勝を掲げている。引き続き、世界の上田瑠偉に、注目していきたい。

上田瑠偉 SKYRUNNER WORLDSERIES2019戦績一覧

・Mt.Awa Skyrace 優勝 

・Transvulcania Ultramarathon※ DNF

・Livigno Skymarathon※ 優勝 

・Buff Epic Trail※ 4位 

・Royal Ultra Sky Marathon 3位 

・Matterhorn Ultraks Extreme※ DNS

・Sky Pirineu 4位

・The SkyMasetes※ 優勝

※Super Skyrace=ポイント2倍、The SkyMasetesはポイント2.5倍

上田瑠偉選手の今後の予定

2020年スカイランニング世界選手権3位以内

2021年トレイルランニング世界選手権優勝

2022年スカイランニング世界選手権優勝

2023年ウルトラトレイル再挑戦

2024年 UTMB TOP10

2026年 UTMB優勝

上田瑠偉選手の愛用のトレイルランシューズ

上田瑠偉選手の要望にも応えたソールパターンのログF.K.TⅡ。
スカイランニングに必要不可欠な、軽さとグリップを兼ね備えている。