これから本格的に寒くなりますが、そんな時期の行動着、休憩着、移動着として大活躍するパタゴニアのパンツ「トレイル・ペーサー・ジョガーズ」を紹介します。

    パタゴニアのトレイル・ペーサー・ジョガーズの選択方法

    トレイル・ペーサー・ジョガーズ

    パタゴニアの商品説明では「冷涼な天候下でのランニングに最適」とありますが、例えば低山で1~2月都内で走るのには、走っている最中に暑いなあ、と思うほどの防寒性があります。僕は暑がりなので個人差はあると思いますが、同じくパタゴニアから発売されている、テルボンヌ・ジョガーズが冬の低山ランニングには丁度良いと感じています。

    左がテルボンヌ・ジョガーズ・右がトレイル・ペーサー・ジョガーズ
    左がテルボンヌ・ジョガーズ・右がトレイル・ペーサー・ジョガーズ

    高低差がそれなりにあって、しかも樹林帯が少ないトレイルではトレイル・ペーサー・ジョガーズでランニングすると丁度良いと思います。例えば神奈川県の丹沢で表尾根あたりのトレイルで、風が強いときにはテルボンヌ・ジョガーズだと寒さが身にしみます。

    トレイル・ペーサー・ジョガーズ

    素材はポリエステルとポリウレタン混紡素材で、伸縮性があり、速乾性も兼ね備えています。ツルッとした素材感なのだけれど、暖かく、タイツ程ピタッとせず、ゆったりもしていない。非常には着心地がよく、動きやすいパンツです。

    トレイル・ペーサー・ジョガーズの特徴

    トレイル・ペーサー・ジョガーズ

    足首周りにゆとりがあるパンツで走ると、ストレスを感じるたちなのですが、トレイル・ペーサー・ジョガーズは、膝から下にかけてテーパードがかかっているので、足回りは見やすいし、草木などにパンツを引っ掛ける心配も少ないです。

    左がテルボンヌ・ジョガーズ・右がトレイル・ペーサー・ジョガーズ
    左がテルボンヌ・ジョガーズ・右がトレイル・ペーサー・ジョガーズ

    防風仕様ではないので、冷たい風は抜けるような感覚があります。だからオーバーヒートしづらい作りといえます。外気温と自分の熱量のバランスを見極めて、履くシーンとタイミングを間違わなければ、最適な1枚となります。

    トレイル・ペーサー・ジョガーズ

    両サイドにはジッパーポケットが付いているので、軽くランニングをするときには、貴重品などを入れておくと便利です。

    ウエストバンドは伸縮性のドローコードで幅のあるものを使用しています。走っている最中にお腹に食い込んで痛くなることもなければ、コンパクトの持ち運ぶパンツとしても最的です。

    トレイル・ペーサー・ジョガーズ

    前たては穴が空いています。これは股間周りの蒸れ解消のためのもので、冷たい風が流れてくると涼しさを実感します。

    トレイル・ペーサー・ジョガーズが活躍するシーン

    トレイル・ペーサー・ジョガーズ

    ここまでは走る目的のためのパンツとしての紹介でしたが、実はそれ以外で最高に使いやすい1枚なのです。

    その1つは寒い時期のお風呂あがり後のパンツとして活用できる点です。パンツの重量は250グラム前後と非常に軽く、またコンパクトになるので、移動中のザックにも仕舞いやすいのです。

    トレイル・ペーサー・ジョガーズ

    またテント泊をする際のパジャマ代わりにもよく、3,000メートル級の山々を縦走登山する際には1枚ザックに入れておくと便利なのです。

    普段着としても活用幅は広く、見た目も涼し気な印象のパンツなので、春や秋などの涼しい季節にも大活躍してくれます。また旅行に出かける際には、できるだけ荷物を少なくでかけたいので、普段履きパンツ兼パジャマのような使い方も可能です。

    左がテルボンヌ・ジョガーズ・右がトレイル・ペーサー・ジョガーズ
    左がテルボンヌ・ジョガーズ・右がトレイル・ペーサー・ジョガーズ

    軽くて、暖かくて、履き心地がよく、季節と場所を選ばず履きたくなる、コストパフォーマンスに優れている点も好きなところです。

    トレイル・ペーサー・ジョガーズをパタゴニアでチェック


    パタゴニア公式サイト メンズ・トレイル・ペーサー・ジョガーズ