神奈川県の丹沢主脈の一つ、大倉尾根。その傾斜がきついことから、通称バカ尾根。

その代表的なポイントの塔ノ岳。そのちょっと下の麓にあるのが花立山荘だ。

できる限り、手料理にこだわるオーナーの高橋守さん。
丹沢山塊の秀峰塔ノ岳へと通じる大倉尾根の、標高1300mにある花立山荘

オーナーは高橋守さん。体つきはしっかりしていて、笑顔が素敵な、山小屋のオヤジを地で描いたような人。高橋さんは、かつて山岳縦走競技の神奈川県代表の選手。その経歴を知る方は多い。今でも歩荷 (山荘などに必要な荷物を背負い、運ぶ登山)で、40kg以上の荷物をほぼ毎週末、担いで登っている。

花立山荘の魅力の一つに、料理や飲み物がバラエティー豊かなことが上げられる。

清涼飲料水はもちろん、缶ビール、お酒、挽き立て珈琲、甘酒、お汁粉、ホットココア、レモン酒など、かなり豊富。

飲み物も食べ物もメニュー豊富。

料理は月見うどん、豚汁、ラーメン、味噌田楽、ところてんとこれまたメニュー豊富。夏には地元秦野名水で作った氷を削り出したカキ氷が大人気。今冬は、季節限定の「なら茸うどん」がおすすめだ。

山荘入口前にあるメニュー表。美味しい誘惑だ。

ちなみに、豚汁などの味噌は既製品を使わずに、自家製を使うこだわりよう。

食事付きのお泊まりになると、家庭的な夕食朝食にありつける。高橋さんならではの、季節折々にこだわった料理を味わえ、特に、夜は宿泊者への料理提供が終わると、スタッフの方も食事 (飲み会?)が繰り広げられ、宿泊者と談笑しながら楽しい楽しい宴に。

夕食一例。季節によって異なるが、お肉や野菜、地元食材をふんだんに使っている。

山荘の二階は寝室(個室)がふた部屋と大広間があり、一階には大広間の寝室と食堂がある。概ねの最大宿泊者数は30人程度。

食堂。心地よい広さで、初対面同士でも会話が弾む空間。

景色が素晴らしいのも人気の秘密。富士山、箱根、駿河湾などを一望でき、夜景や朝焼けも圧巻の一言だ。

日没の光景。富士山方面に沈む。
町田、横浜、東京、千葉など、夜景を一望できる。

高橋さんが花立山荘を経営するようになり、2020年で30周年を迎える。

これからも丹沢を精力的に盛り上げてくれそうな、花立山荘。

2020年、初日の出。
雄大な富士山も拝める。

ぜひとも一度、いや、度々訪れてみてはいかがだろうか。

花立山荘公式サイト
http://hanatatesanso.com/about

なお、ブログ更新が滞っているのは、ログインパスワードを忘れたため(汗)