MSRのガソリンストーブ、ウィスパーライトインターナショナルとドラゴンフライ

MSRのウィスパーライトとドラゴンフライは、共にガソリンストーブで火力がすごく安定しているという特徴があります。寒い時も関係なく使えるから雪中キャンプではこれらを使っています。

メンテナンスが楽なウィスパーライト

MSRのガソリンストーブ、ウィスパーライトインターナショナル

それぞれに良いところがあって、ウィスパーライトはオンオフというシンプルな構造で、メンテナンスも楽。トラブルも殆どないので、絶対的な信頼をおけるストーブです。ドラゴンフライより軽く嵩張りが少なく、燃焼音も静かです。

 

MSRのガソリンストーブ、ドラゴンフライ

ドラゴンフライは火力調整できる点が画期的で、とろ火にしておけるなど調理中に大変便利です。どちらも鍋をする時に活躍してますが、火力調整ができるドラゴンフライは炊飯する時などに向いてますね。

MSRのストーブを選んだ理由

MSRのガソリンストーブ、ウィスパーライトインターナショナルとドラゴンフライ
MSRのガソリンストーブ、ドラゴンフライ

雪に沈まない器具を取り付ければ雪の上でも使えるから、雪中キャンプには大活躍です。

ウィスパーライトを元々は持っていて、その後にドラゴンフライを買ったんですけど、どちらも現役で使ってます。ガソリンストーブ、ガスストーブ、アルコールストーブとそれぞれ持ってますが、中でもガソリンストーブは色々と面倒なんだけど使っていて楽しいです。

まず、いきなり火がつかない。プレヒートといって気化させてから使うんですが、最初は黄色いメラメラとした炎から、温まって液体が気化するようになってきてから青い炎になるんです。そして黄色い炎の時には必ず煤が出るんでストーブが汚れるんです。帰ってきて洗って拭いてとメンテナンスは必ず必要だから面倒ですが、道具を使っている感じは強いです。

ガソリンストーブの安定感

GSI バガブー バックパッカー

大きいボンベと小さいボンベはどちらでも使えるんですけど、料理の種類と日数でどちらにするか決めてます。匂いも少ないホワイトガソリンが本当はいいと言われてるんですけど、値段が全然ちがうので普段はガソリンを使ってます。

冬の寒い時と皆んなでワイワイとテント場で楽しむ時には必ずデカ鍋を持って行くので、火力と五徳がしっかりしていて安定感があるガソリンストーブを持って行きます。

 

旅行に行った時はガソリンを入手しやすく、後進国なんかだとガスが売っていない事が多いので助かります。アメリカなどアウトドアが盛んな国や地域であればアウトドアショップなどが充実している場所もあるから、山行のスタイルによってストーブの種類を選ぶようにしています。