DUCKWORTH(ダックワース)のウールウェア

DUCKWORTH(ダックワース)のウールウェアで、ボーズマンでも始まったばかりのブランド。ここのブランドはボーズマンで作ってる。メイドインボーズマン。うちのお店じゃないよ、アメリカモンタナ州の都市のボーズマンね。

ダックワースのウールウェアだけの特徴

よくあるウールウェアっていうと、羊はニュージランドとかで仕入れてというのが普通だけど、これは羊もモンタナ州で育てていて、そこから縫製も全部モンタナ州でやってる。縫製に限ってはボーズマンでやってる。いわゆるローカルブランドなんだよね。

 

DUCKWORTH(ダックワース)のウールウェア

アメリカで作ってるけど素材はニュージランドとか、そういうブランドはあるけど、飼育から縫製までやっているブランドはここしかない。純粋なアメリカ製って言ったらここしかない。ウールはDUCKWORTH(ダックワース)の牧場で南西モンタナ州で飼育されたHelle Rambouillet Merino wool(ランブレイメリノ)という品種の羊で、ウールの品質からこだわっている。ウールの繊維径、ステープル長さ、とかテストも怠ってない、このこだわり方が半端ない。

ウールウェアとしての機能性

DUCKWORTH(ダックワース)のウールウェア

あと薄手のウールウェアには珍しい、リブ編みですごい伸びる。アンダーウェアとしては着心地も素材も秀悦。

 

DUCKWORTH(ダックワース)のウールウェア

まだ長く試してないから耐久性はわからないけど、アメリカ製の良さがある。

この記事のタグ