ニッピン 大鍋 クッカー

ニッピン 大鍋 クッカー

父親が20〜30歳ぐらいまで山岳会に入っていたんです。今から40年前ぐらいなんですけど、その時に父が使っていたコッヘルセットで、それを私が12,3年前、山を始めた時に譲ってもらったんです。私が使っているのは2つの鍋なんですが、実際はやかん、お皿といった小物もセットになっています。私が登山を始めた時には父親は病気をしていたので、山には一緒に行ったことがないんですけど、父親が使ってた山道具の箱があって、その中からこの鍋を出してもらったんです。それを私が今でも使っているという、歴史を受け継いでいっているという思いでいます。

使い込んでも尚綺麗なクッカー

ニッピン 大鍋 クッカー

譲り受けた時、父が山岳会をやめて30年くらい経った後だったんですけど、凄いピカピカで、しっかり磨いて大事に取っておいてあった事がうかがえました。私の方が使い込んでいる中で、あまり磨けていなくて、少し焦げがついてしまったりしています。

 

ニッピン 大鍋 クッカー

父親には「山道具だったらニッピンに行け」って言われてたので、私の中では「山道具屋さん」イコール「ニッピン」だって思ってたんですね。始めて行ってみたのが20代の頃で、若かったこともあってシブイお店だなと感じたのを覚えています。今は新しい山道具はあんまり買わないんですけど、行くんだったら神保町界隈、出身が千葉なので、津田沼にあるヨシキスポーツっていう老舗の山屋さんのいずれかに足を運ぶことが多いです。

スノーピークのアルミクッカー

スノーピーク アルミクッカー

もう1つのクッカーは、スノーピークのものです。12年使っていて結構いい雰囲気が出てきてます。

 

スノーピーク アルミクッカー

長い縦走だと荷物の重さが気になるので、そういう時はニッピンの鍋ではなく、スノーピークのコッヘルにしたり、料理を楽しむ登山というように考えるときは、このコッヘルだと2人ぐらいの料理を作るのがマックスなので、3人以上だと大きな鍋にするというように使い分けています。

 

スノーピークとニッピンのクッカーセット

この2つのコッヘルで十分事足りていて、他のコッヘルは買ったことがないし、調べたこともないというぐらいに満足しています。