ドューシュバッグス

スキーを楽しむときに、スキー板、ヘルメット、ストック、ウェアなど多くの荷物を収納する為にスキーバッグを使うと思うんですが、普通のスキーバッグって結構な重量感があるのと、大きい荷物を収納する為のバッグなので、使わないときは邪魔なんですね。こういった悩みを解決してくれるのが、ドューシュバッグスなんです。

ドューシュバッグスの重さ

ドューシュバッグス

1つ目に重さなんですけど、何も入れていない状態で3.8キロしかないんです。持ち運びのときに楽だっていうことは勿論なんですけど、空港での受託手荷物での重量制限をクリアできたり、荷物を旅行先に送ってしまう時なんかも安く済むんです。

ドューシュバッグスの持ち運びやすさ

ドューシュバッグス

2つ目にありそうでなかった、クルクル丸めて小さく折りたためるんです。だから家に置くとき、宿泊先のホテルで邪魔にならず、荷物でスペースをとらずに、広く空間を使えるようになるんです。

 

ドューシュバッグス

クルクル丸めて折りたためる応用で、中に入っているスキー板の長さで、バッグの長さを合わせることができます。女性用のスキーサイズ、男性用のスキーサイズというように、人それぞれにフィットした長さに調整できるのも、このバッグの特徴です。

ドューシュバッグスの収納力

ドューシュバッグス収納例
ドューシュバッグス収納例

3つ目に大容量だから、スキーやスノーボード以外にブーツ、ストック、ヘルメット、スキーウェアといった一式を全て収納して、1つの荷物にする事が出来るんです。だから荷物を送るときや預けるときなども楽だし、持っていくものを無くさず整理できるのもいいところです。

収納方法はスキーを下に敷いて、上からブーツを交互に入れて、ヘルメット、ゴーグル、ウェアというように収納します。

 

ドューシュバッグスリュック

僕はドューシュバッグスのリュックも持っていて、これらはスキーバッグにも取り付けられる作りになっています。15リットルと30リットルの2種類を使い分けて使用してるんですが、30リットルの方はスキーに行くときに、身の回りのウェアや小物類を入れて持ち運ぶのに使っていて、15リットルの方は普段から使ってます。

 

ドューシュバッグスリュック

背中の部分にはしっかりとしたパットが入っているので、ノートパソコンなんかを持ち運ぶのに便利で、外側は水に強くて耐久性のある生地を使っているので、雑に扱っても破ける心配が少ないのも気に入っている1つです。