アルトラ パラダイム

ファストパッキング、トレランに最近積極的に履いているのはアルトラのパラダイムで、信越五岳トレイルランニングレースを完走した時にも履いていたシューズです。

アルトラ パラダイムのクッション性

このシューズはクッショニング性能が高くロッカーもあるので、前に出やすく走りやすい点が気に入ってます。ロード用のモデルではあるんですが、ファストパッキングでも使っています。最近だとビブラムソールを採用しているアルトラのオリンパスというトレラン用のシューズがあるんですが、これはタンが薄くて、足の甲部分が薄い僕には痛くなることがあったんです。パラダイムはそれにくらべるとタン部分のクッショニングも高く痛みを感じることがないので助かってます。

アルトラ パラダイムの柔らかさ

アルトラ パラダイム

オリンパスはパラダイムを購入する前に使っていたものなんですけど、トレイル用ということもあってアッパーもコーティングされていて強度が保たれているので耐久性が高いんですね。でも僕はパラダイムの柔らかさが気に入ってます。

 

アルトラ パラダイムのソール

パラダイムのソールはロード用のシューズではあるんですが、グリップが気になるような事も少なく、クッショニングもあるので走りやすいという印象を持っています。ロード用の中でもクッショニングは高くミッドソールの厚みもしっかりあります。アウトソールも柔らかく軽快に走れるので、長距離を走っていても疲れにくいんです。

アルトラパラダイムで走る時

アルトラ パラダイムのソール

シューがしっかり結べる点、足首周りのクッショニング感覚などパラダイムが僕にとってはフィットしていて走っている最中の横ぶれも気になくなりました。全体的に柔らかい素材であることがその感覚をもたらせてくれているような気がしています。僕は極端に足首周りが細いんです。海外のメーカーだと大きいサイズが多いので合うのが少ないんですね。そんな中でもフィット感があります。

トレランシューズに求めない心掛け

トレラン

ロード用のシューズでトレイルを走っても滑らないように走る為に僕が気遣っているのは体重の乗せ方です。トレイルモデルであろうが滑るときは滑る。あまりシューズにそこを頼らないように心がけています。そうはいってもシューズの使い分けは大事だと感じていますので、岩場が多い場所だとソールのゴムに粘着感を感じるイノベイトを使っています。

走るときに僕が気を使っている点は足全体で踏む、あとは走り方のフォームで、よく言われたのは、元々サッカーしていたこともあってO脚気味だった点の指摘、あとは足のつき方、胸の張り方、腕の振り方、目線の方向について指南いただきました。

この記事のタグ