トゥルーマウンテン トライツ

トゥルーマウンテンのトライツは、トラウザーほど緩くなくタイツほど締め付けのない中間的なパンツでトラウザーの「トラ」、タイツの「イツ」をとって「トライツ」なんです。トラウザーってイギリスで長い丈のパンツという意味があります。

シルエットは腰周りはゆったり目、裾にかけてテーパードがかかっているというシルエットがスッキリしているところが格好よくて気に入って履いてます。

 

トゥルーマウンテン トライツ

ちょっと肌寒いトレイルランの時や、春夏の高所登山やランの時の防寒着と幅広く活用していて、シルエットが細身だから風によるバタつきはないし、ストレッチもきいていて、且つ股回りにゆとりもあるので動きやすいというのが利点です。

トゥルーマウンテン トライツ

柔らかさとしっとり感というのが、このブランドの特徴で、本当に着心地は抜群なんです。『トゥルーマウンテン ウインドブレイク・スモック』でも紹介したのと同じような特徴を兼ね備えていて、シャカシャカ音がしないところや、洗うごとにしなやかさが増していくところもトゥルーマウンテンならではと感じています。

 

トゥルーマウンテン

使い方として、例えば電車に乗って移動する時にはこのパンツで行って、いざ走り始める時にショートパンツに履き替えるなんていう使い方もできます。オーバーパンツとしても活用出来るんじゃないでしょうか。裾に大きなジップが着いているので、シューズを履いたまま脱ぎ着できるのも特徴です。

 

トゥルーマウンテン

トゥルーマウンテンの特徴の1つにイギリスのブランドらしく、買った際、ウェアに付いているタグに作った人のサインが入っているんです。責任をもって作ってますという心意気を感じます。職人を守る文化がしっかり根付いている国で、イギリスの職人産業を守っていこうというブランド発足の大義名分あるんですね。

自分たちイギリス人がイギリスで作るっていう証なんだと思います。個々の職人に責任をもたせなくちゃいけない。出来高性でもなく、大量生産でもなく、1つ1つの商品作りを大事にするっていう表れを感じます。