フライフィッシングで使っている『フライの種類と仕掛け』

僕は昔からフライフィッシングが好きで、フライも自分で作っています。まだまだ未熟なんですが、そんな中でも自分が作ったフライを一部使い方を兼ねて紹介したいと思います。

フライパターンには色々ありまして、多くのフライは昆虫に真似て作られてます。このフライを
・水面に浮かせて使うか?
・水面直下で使うか?
・深いところまで沈ませて使うか?

とステージが色々あって、その特性にあったフライというのがあります。

 

フライフィッシングで使っている『フライの種類と仕掛け』

なんでこんなに種類があるのか?ちゃんと理由があって、フライを選ぶ際のポイントが幾つかあるんです。それは
・渓流や湖といったそこで棲息する魚が好む餌のこと
・季節やフィールドコンディションによって、その時期、場所で魚が最も捕食している餌のこと
・水生昆虫の羽化に合わせて魚が捕食している餌が何かを探ること

細かく挙げれば他にも色々とあるんですが、大きくはこのあたりを考えてフライを選びます。