パックタオル ウルトラライト

登山中に汗を拭く為に購入したのはパックタオルのウルトラライトです。ナノが一番薄くて、次にウルトラライト、パーソナル、オリジナルという順で厚みが増していきます。敏感肌なので、あんまり薄くて肌を傷つけるのも嫌だし、それでいて汗を含んだあと渇きが遅いのも嫌だし・・って考えてウルトラライトに決めました。最初はパーソナルもいいかなあと思ったんですが、使っているとやっぱり渇きが早いっていう利点は凄く大事だと感じるので、ウルトラライトで良かったなあって思ってます。

パックタオルのちょうどいいサイズ

パックタオル ウルトラライト

大きさは30x76cmっていうサイズのMを使っています。これは登山中に首からかけて汗を拭きたいと思って、そういう使い方を想定して、このサイズにしました。長方形なので、首からかけてチェストベルトと胸に挟んでおけば強い風に吹飛ばされることもなく安心して使えます。

パックタオルの細かな配慮

パックタオル ウルトラライト

タオルに小さなストラップが付いていて、それがボタンで留められるんです。だからザックのストラップに付けておけば万が一汗を拭いていて誤って落っことしてしまう心配もないし、「あれどこにいっただろう?」って迷う心配もないんです。「いつもここに付けておく」っていうルールを作っておいて見失わないように心がけてます。

最近はボタンが緩く、すぐ外れてしまうようになってきたので今度ペンチを使って直そうと思ってます。

 

パックタオル ウルトラライト

ウルトラライトになるととにかく生地が薄いんです。最初はこれで体を拭いたら痛いんじゃないかと思ったものです。

 

パックタオル ウルトラライト

でも使い込んでいくと、柔らかくなってくるような気がしてます。洗うとパリっとするんですが、汗を吸って乾いて、っていうのを1回の登山で使っているだけでも柔らかくなってきます。

ミニマムに旅を楽しめるパックタオル

パックタオル ウルトラライト

薄いから畳んでも嵩張らないんです。だからポケットでハンカチ変わりに使ったり、それこそ旅行やキャンプには本当に重宝しますね。これ1つでそれこそ子供も自分もみんな体が拭けちゃいます。バスタオルって嵩張って乾きも遅いから、旅行時の収納に困ることがあるんですが、これ1つで充分。

だからファミリーキャンプなんかで荷物が多いときや、電車でいく国内旅行や、海外旅行なんかでも本当に助かります。なんだかアウトドアに興味のない女性(妻)は、「うーん、気持ちよくなさそうで嫌だなあ」って言ってわざわざ重い嵩張るバスタオルを持っていくんですが、いつもそこで「なんだかなあ」って大きな隔たりを感じますね。(笑)

山旅々のLINE@はじめました
友だち追加