テクニカ スプリームマックス

テクニカのスプリームマックスというトレランシューズは3年前に初めて購入して、それから買い換えて3足目になります。一番最初にテクニカのシューズとして履いた、思い入れが強いモデルです。

スプリームマックスの特徴

テクニカ スプリームマックス

スプリームマックスは見たとおりにソールが厚く、ロングトレイル用の長い距離を走るためのシューズとして設計されています。クッション性が高い分、足首、膝、股関節、腰と体の負担を軽減してくれるので、長い距離に適応しているんです。

ランニング人口が増えている分、怪我の人口も増えていってる。そんな中、足腰の負担を軽減するミッドソールがある事で怪我の軽減を狙える。テクニカがミッドソールに厚みのあるシューズを作り続けている理由はそこにあるんです。