ゴンテックス テーピング

テーピングは体幹部分にも使用していて、GONTEX(ゴンテックス)の幅5センチと幅がある伸縮性ロールテープを活用しています。

ゴンテックスのテーピングの貼り方

ゴンテックス テーピング

ゴンテックス テーピング

このテープは背骨と平行に、背骨を中心に挟んで2つ左右に、長さはお尻の上から背中の真ん中ぐらいまで貼ります。それと縦の動きだけでなく、横の動きもサポートしたいので、一文字に背中下部の骨のある箇所のちょっと上に貼ります。

 

ゴンテックス テーピング

あとは足をあげる時に使う腸腰筋にそって貼ります。これらは必ず貼るようにしています。練習の時は、時と場合によりで、通常追い込みをかけて筋肉を付けたいときはサポートはしないようにしています。

ゴンテックスのテーピング種類

テーピングで正しい走り方

貼り方は鏡に向かってサポートしたい部位を伸ばした状態で貼ります。背中であれば体を前に曲げて、腸腰筋であれば、その部分を伸ばした状態で貼ります。膝にも専用のテープがあるのでそれを貼っていて、レースにおいての怪我の予防、パフォーマンスの発揮を試みてます。

 

ゴンテックス テーピング

実際にトレーナーさんに聞いてみると、細い筋肉ではなく太く大きな筋肉にはサポートも強くしたほうがいいので、幅広の大きなテープがいいですよってアドバイスを頂いたんです。実際に細いテープと太いテープを使い分けて確認してみたら、太いほうが良かったという印象があります。

ゴンテックスのウェブサイトにいくと部位毎での「テーピング巻き方講座ビデオ」があるので、それを見ながら自分にあったテーピングを試すのがいいと思います。