今回紹介するのは、登山、中でもファストハイクで愛用しているギアを紹介します。ファストハイクなので、軽量性を重視しながらも使い勝手の良い登山ギアです。

エネルギージェルを持ち歩くためのリンデン パウチ容器 100mL

エネルギージェルは自作しています。市販で発売されているものは効果は実感できるのですが甘くて苦手です。

エネルギージェル

僕はマルトデキストリンとクエン酸をポカリスエットと混ぜてジェル状にした物をリンデン パウチ容器 100mLに入れて登山で行動中のエネルギー補給としています。

日帰り登山であればポカリスエット80mlに対して残りをマルトデキストリンとクエン酸で味を整えます。1泊以上からの縦走登山の場合はマルトデキストリンの量を多めにして栄養ジェルのようにします。夏場であればこれに塩を追加してみたり、クエン酸を多めに入れて酸味を強くしたり調整をしています。

ポカリスエットに飽きたら別のジュースにしてもいいし、とにかく安価にエネルギージェルを作れるので重宝しています。リンデンのパウチ容器は冷凍(マイナス40℃)対応なので凍らせて持ち歩くのは夏場のスタイルとしています。

リンデンのパウチ容器について

  • 重量:11g
  • サイズ:10×14.5cm
  • キャップ口径:16mm
  • 原産国:日本

で、中身がなくなれば小さく丸めて収納することができます。エネルギジェル以外にもシャンプーなどの液体物を持ち歩けるので旅行時に大変便利です。

リンデンのパウチ容器

また燃料用アルコールの小分けに使用している人も多く僕は固形派なので使用はしていませんが、便利だと聞いています。
内容物を入れると立てておけるスタンドタイプというのもいいところで、風呂場で倒れない、平らな岩場の上に立てておけるなど、使い勝手が良いです。