八ヶ岳 赤岳登山

八ヶ岳の赤岳はオールシーズン登山者に人気の山として知られている。赤岳への登山ルートは様々で南八ヶ岳の縦走、ピークハントなど登山目的も多種多様だ。赤岳を思う存分楽しむために赤岳の魅力、難易度別の登山ルートを紹介する。

赤岳の概要・気温について

赤岳は標高2,899mに位置し、気温は最も低い月で2月の-21度を記録する。最も気温が高い月は8月で最高気温は14.2度と過ごしやすい気候だ。

山域八ヶ岳
都道府県山梨県、長野県
標高2,899m
※横スクロールで表がスクロールできます。
123456789101112
最高気温-12.5-12-7.50.36.310.813.114.211.45.2-2.2-8.5
最低気温-19.8-21-16-10-3.91.86.57.43.5-6-10.6-15.9

赤岳の登山が人気の理由

赤岳は八ヶ岳連峰最高峰。堂々とした山容は名実とも主峰にふさわしい。諏訪側の夕日に燃える西壁は、まさに赤岳の名の通りである。2つのピークがあり、南峰に赤森神社が祀られている。北峰には、赤岳頂上山荘がへばり付くように建っている。この赤岳が登山者に人気の理由を紹介する。

八ヶ岳の全容と富士山、奥秩父、アルプスまで見渡せる眺望

八ヶ岳の全容と富士山、奥秩父、アルプスまで見渡せる眺望

赤岳の山頂からは南~北八ヶ岳の峰々の素晴らしい景色と、富士山、奥秩父、南アルプスなどの山容を広く見渡すことができる。縦走登山を楽しむならばこれから歩く南八ヶ岳の稜線も美しく見渡せる。

八ヶ岳の最高峰を制覇する満足感

八ヶ岳の最高峰を制覇する満足感

地上からも八ヶ岳をみると最高峰の赤岳を視認することができる。八ヶ岳の中でも赤岳登山の難易度は高く、登頂を果たすことで八ヶ岳登山の大きな目的を達成した気持ちになることができる。

様々な登山コースで赤岳山頂を目指すことができる

様々な登山コースで赤岳山頂を目指すことができる

赤岳へは様々な登山コースがあり、東西南北からアクセスすることができる。中でも人気なのが赤岳鉱泉側からでテント泊や山小屋泊を絡めて登山計画を練ることができる。

赤岳の難易度別おすすめ登山コース

赤岳への様々な登山コースの中でも特に人気のあるおすすめのコースを難易度別で紹介する。

美濃戸から赤岳への登山ルート・八ヶ岳初心者におすすめ!

最も人気で登山雑誌などでも紹介されているルートが美濃戸から赤岳だろう。赤岳鉱泉、行者小屋をベースにして山小屋、テント泊の計画もたてやすく、南八ヶ岳の縦走を行うのにも活用できる登山ルートだ。八ヶ岳初心者はまずはこのコースに挑戦してみることをおすすめする。以下のルートは美濃戸口から、行者小屋を経由し、文三郎尾根を使い赤岳へ向かう登山ルートだ。帰りは文三郎道を使って行者小屋へ向かい、美濃戸口まで戻る登山ルートとなっている。

①美濃戸口バス停→②美濃戸山荘→③行者小屋→④地蔵の頭→⑤赤岳天望荘→⑥赤岳→⑦文三郎尾根分岐

駐車場は美濃戸口にあり、お風呂も美濃戸口の周辺に2箇所ある。

必要日数日帰り登山、1泊2日登山
片道コースタイム※9時間10分
距離約16.5km
累積標高約1,619m
難易度★★★☆☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

美濃戸山荘上の分岐を右へ、南沢に入る。堰堤を階段で越し、樹林帯の中を進んで最初の橋を渡る。渡り返し右岸を行くと急坂になる。河原に出て渡り返しながら右岸の急坂を登りきると、正面に横岳が見えて来る。阿弥陀岳が右横に覆いかぶさるようになると、赤岳が姿を現わす。救助用へリポートを過ぎればまもなく行者小屋だ。

赤岳西壁の威容を正面に見ながら、小屋裏から地蔵尾根に取り付く。最初はなだらかな樹林帯の道も、まもなく急坂に変わる。鉄の階段が現われ鎖のトラバースを過ぎると、ザレた尾根筋に出る。下りの時はとくに注意が必要だ。左上にお地蔵様を見て登りきると地蔵の頭で、もう一体のお地蔵様が迎えてくれる。正面には秩父の山々や、富士山の美しい姿が望め、一瞬疲れを忘れる。

横岳への道を分け、右へ赤岳に向かう。まもなく赤岳天望荘に着き、頂上への登りにかかる。岩稜の急斜面を鎖に助けられ上がると小ピークに出る。目の前が頂上だ。山頂からの360度の展望は筆舌に尽くしがたい。朝早ければ、阿弥陀岳の頂が日の出に染まる様子もなかなかである。山頂はふたからなり、北峰には赤岳頂上山荘が建ち、南峰には赤憲神社の祠が祀られ1等三角点がある。

真教寺尾根から赤岳への登山ルート

清里方面から赤岳に登るオーソドックスなコースだが行程が長い上に、上部では急な岩場が続く、難度の高いコースである。ことに下りが難しい。ただ、清里ハイランドパークのリフト営業時間に合わせリフトを利用すれば、約1時間短縮ができる。

①美し森 展望台→②羽衣の池→③清里展望台→④赤岳

駐車場は美し森 展望台周辺にあり、トイレも近くにある。お風呂は登山口周辺にはない。

必要日数日帰り登山、1泊2日登山
片道コースタイム※10時間40分
距離約13.1km
累積標高約1,614m
難易度★★★★☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

朝早く発てば日帰りも可能だが、一泊しての行動のほうが無難である。また、隣の県界尾根との周遊コースにしたり、諏訪側に抜ける計画にすれば変化があってより楽しくなる。

一般には美し森から登る。美し森には大駐車場があり、清里駅からバス、タクシーも利用できる。美し森から羽衣池を経て賽の河原に出る。ここまでリフトが上ってきている。ここからしばらくヤセ尾根を行くが、やがて原生林の急登になり牛首山へ登り着く。ここでこのコースのひと区切りがつく。

これから扇山にかけては、やや下り気味に平坦な道が続く。やがてコースが急になると、展望も開けてきて、いよいよ急な岩場が始まる。鎖にしっかりつかまり攀じ登って行く。次々と岩場を越えて行くと、やがてコースは尾根から離れ左側にトラバース気味に進むようになり、赤岳から権現岳の縦走路に出る。右に竜頭峰を巻き込み、阿弥陀岳方面からの道と合流して岩尾根のハシゴを登ると、赤岳の南峰に立つ。

八ヶ岳の概要

八ヶ岳の四季、気象、八ヶ岳周辺の山々、八ヶ岳へのルートの概要を紹介しています。

八ヶ岳の登山ルート

八ヶ岳の関連書籍

超軽量アイテム

テント泊おすすめギア

アマゾンランキング

  • ダウン パンツ
    250g:ダウン パンツ
    Amazon
  • ダウンジャケット
    174g:ダウンジャケット
    Amazon
  • ベースレイヤー
    236g:ベースレイヤー
    Amazon
  • マグマ
    マグマ
    Amazon
  • SnowPeakチタン
    50g:SnowPeakチタン
    Amazon

楽天ランキング

パタゴニア注目ウェア

  • フーディニ・ジャケット パタゴニア注目ウェア
    フーディニ・ジャケット
    Mens Womens
  • ライトウェイト・シンチラ・スナップT
    ライトウェイト・シンチラ・スナップT
    Mens Womens
  • マーニャ・フリース・パンツ
    マーニャ・フリース・パンツ
    Mens
  • テルボンヌ・ジョガーズ パタゴニア注目ウェア
    テルボンヌ・ジョガーズ
    Mens
  • ナノ・パフ・ジャケット
    ナノ・パフ・ジャケット
    Mens Womens

この記事をシェアする

関連キーワード

この記事の紹介者