霧ヶ峰(きりがみね)の登山ルート・難易度

緩やかな山体で自然環境が豊富な霧ヶ峰。八島ヶ原湿原は日本を代表する高層湿原で鎌ヶ池、八島ヶ池、鬼ヶ泉水など多数の池があり、木道が整備されていて湿原を一周できる。霧ヶ峰の最高峰は1,925mの車山。今回紹介する霧ヶ峰登山は初心者にもおすすめの車山肩からの周回ルートと難易度について紹介する。

霧ヶ峰の概要

霧ヶ峰は車山(1,925m)を中心に大笹峰、鶴ヶ峰、ガボッチョに囲まれた台地をいう。車山山頂は気象レーダー観測所があり、360度の展望が素晴らしい。しかし、名前の通り霧の発生が多く、数m先が見えなくなることもあり、十分な注意が必要である。霧ヶ峰には、国の天然記念物に指定されている標高1,630mの八島ヶ原湿原や踊場湿原、車山湿原がある。

山域八ヶ岳
都道府県長野県
標高1,925m

初心者におすすめの周回コース・難易度

①霧ヶ峰車山肩 駐車場→②車山→③車山乗越→④蝶々深山→⑤物見岩→⑥鎌ヶ池→⑦七島八島→⑧ヒュッテ御射山

必要日数日帰り登山
片道コースタイム※3時間42分
距離約10.7km
累積標高約490m
難易度★★☆☆☆
※「40~50代(または60代)の登山経験者/2~5人のパーティー/夏山の晴天時」を基準に設定

車山肩

車山肩駐車場

霧ヶ峰は、春のレンゲツツジ、コバイケイソウから夏のニッコウキスゲなど実に多くの花が咲き、マツムシソウ、シシウドの咲く秋まで高原の散策を楽しめる。車山肩周辺はレンゲツツジ、ニッコウキスゲが6月から7月にかけ山を染めて咲く。

車山

車山

ここから右手に広い道をゆるやかに登ると、気象レーダーの建つ山頂に着く。

車山乗越

車山乗越

富士山を始め展望を楽しんだらリフト山頂駅の左脇から急な階段を下り、車山高原からの道と合流し車山乗越に着く。

蝶々深山

蝶々深山

ここより両側にグリーンロープの張られた登山道になる。左に車山湿原を挟み車山肩、沢渡への道を分け石の転がるなだらかな道を上り蝶々深山に着く。

物見岩・八島湿原

物見岩・八島湿原

ゆるやかな起伏の草原を行き3mほどの高さの岩、物見石に着く。ここから土の滑りやすい下りになる。背の低い瀧木が現れ、川を渡ると奥霧小屋キャンプ場に出る。

八ヶ岳の関連書籍

[itemlink post_id=”97358″]

[itemlink post_id=”97357″]

[itemlink post_id=”97356″]

アマゾンランキング

パタゴニア注目ウェアすべて見る

軽量・便利アイテムすべて見る

楽天ランキング

関連キーワード

この記事の紹介者