ザ・ノース・フェイス スワローテイルフーディ

ザ・ノース・フェイスのスワローテイルフーディというウィンドブレーカーです。1つシェルジャケットをとってみても、防水だったらゴアテックス素材、防風だったらウィンドストッパー素材と色々な性能をもった生地があると思うんですが、これはそういったフィルムを貼っていない、そうなると防風でも防水でもないんですけど、ある程度生地がつまっているので、ウィンドブレーカーとして機能するというウェアになります。

スワローテイルフーディが活躍する場

ザ・ノース・フェイス スワローテイルフーディ

例えばTシャツで山を歩いていて風がふいてきました。そうしてスワローテイルフーディを羽織ると暖かく、それでいてフィルムを貼っていないので蒸れないんです。夏冬関係なくいつでも持ち歩いていて、通勤の時に夏場、電車の中でクーラーが効きすぎて寒いという時にも取り出して着るというように、普段からも活用しています。

冬山でも便利なウィンドブレーカー

ザ・ノース・フェイス スワローテイルフーディ

ウィンドブレーカーというと「冬山では必要ない」という人も多いと思うんですが、実は冬山でも凄く便利なんです。シーンでいうと、雪の中を歩いていて天気で、しかも無風な時に登っていると暑いから、Tシャツに上から長袖のシャツを着たぐらいでずっと歩けると思うんですね。ただ稜線にあがって風が吹いてくると寒い。そんな時にスワローテイルフーディを着ると、そのまま歩きながら風はふせげて、汗抜けもいいので気持ちよく動けるんです。

オーソドックスがウリのウィンドブレーカー

ザ・ノース・フェイス スワローテイルフーディ

ポケットを空ければベンチレーション変わりもなるんです。ポケットは地図やグローブなんかを入れておくのにも便利で、こういったオーソドックスなハンドポケット2つというのは汎用性が高く助かってます。

バックカントリースキーの下りに、スワローテイルフーディを羽織って滑るっていうのは、春スキーではあるんですが、冬の寒い時期には追加でシェルを着るようにしています。

ザ・ノース・フェイスのウィンドブレーカー

ザ・ノース・フェイス スワローテイルフーディ

ザ・ノース・フェイスには色々な種類のウィンドブレーカーがあって、ランニング向けになると全体のシルエットをシャープに、更にポケットをとって軽さを出し、場合によってロードランのレースでも使えるように、上から着てもゼッケンが見えるように半透明の薄い色で作られている、というモデルも存在します。スワローテイルフーディはそんな中でもオーソドックスなデザインで、シルエットはボックス型で、重ね着をしてもストレスがないような作りです。

 

ザ・ノース・フェイス スワローテイルフーディ

また生地の肌触りが非常にいいんです。これが最大のこだわりで、糸にこだわっているんですね。普通の糸だと、ツルツルしてて、汗をかいても水分がたまってペタペタして肌触りがよくないんですね。スワローテイルフーディはよった糸を使用していて、汗をかいても肌にベタつきづらいんです。

 

ザ・ノース・フェイス スワローテイル

素材も生地も日本で作っているので上質さ、その上でコンパクトにたためるパッキングのしやすさにこだわっています。

この記事のタグ