HOUDINIといえば着心地の良さに定評がありますが、この特徴をウインドシェルに落とし込んだのがHOUDINI メンズ カム アロング ジャケットです。本来はクライミング用に開発されたというだけあって、大きな体の動きにウェアが追随するように立体的な作りとなっています。

HOUDINI メンズ カム アロング ジャケット

HOUDINIとは

90年代初頭、先鋭的な登攀テクニックで知られていたスウェーデン人の女性クライマーのロッタは、クライミングの最中に危機的な状況に直面しました。進むことも退くこともできず、もはや為す術がなくなったときに彼女の口をついて出たのが、脱出マジックを得意とする伝説のマジシャン“ ハリー・フーディニ” の名前でした。するとたちまち奇跡が起きて、ロッタは、無事生還を果たすことができたのです。この不思議な体験から、いかなる過酷な状況にも耐え得る高い性能と魔法のような着心地の良さを兼ね備えたアウトドアウェア[フーディニ/HOUDINI]が生まれました。

おすすめポイント

  • 引裂き強度、摩擦に強い
  • 小雨程度の雨であれば耐久撥水加工によって凌げる
  • 袖からの冷気の侵入を防いだつくり
  • 頭全体を風から守る機能が優れている
  • パッカブル機能が備わっている

商品概要

ブランドHOUDINI
商品名メンズ カム アロング ジャケット
商品説明動く身体に生地を当てて直接的なデザインをすることでアクティビティの動作に合わせたカッティングを可能にし、これまでにないほどの動きやすさを実現。
価格26,400円(税込)
重量128g
素材Rise Ripstop™

管理人の評価レビュー

総合評価★★★☆☆
快適性★★★★★
軽量性★★★☆☆
コンパクト性★★★☆☆
価格★★☆☆☆

HOUDINI メンズ カム アロング ジャケットの生地

HOUDINI メンズ カム アロング ジャケットの生地はRise Ripstop™100%で構成されています。非常に薄く軽い生地なのだけれども、格子状にナイロン繊維が縫い込こまれているので、引裂き強度、摩擦に強という耐久性を備えています。

HOUDINI メンズ カム アロング ジャケットの生地

また耐久撥水加工が施されており、小雨程度であればこの1枚で凌ぐことも可能です。

HOUDINI メンズ カム アロング ジャケットの生地

丁寧に着用するというより、どちらかというとハードな天候が予想されるような日や、岩場に体をこすりつけてしまうような心配があるようなアウトドアシーンにおいて安心感のある作りといえるでしょう。

HOUDINI メンズ カム アロング ジャケットの特徴

HOUDINI メンズ カム アロング ジャケットの特徴

袖にはサムホールがついているので袖からの冷気の侵入を防いでくれます。またフードはヘルメット対応となっているので、岩場でヘルメット着用時のウインドブレーカーとしても活躍してくれます。バイクパッキングなどでも大いに活躍してくれることでしょう。

HOUDINI メンズ カム アロング ジャケットのフード
HOUDINI メンズ カム アロング ジャケットのフード

フードの上部にはドローコードがついていて、引っ張るとピタッと頭にフィットします。ヘルメットをしない状態でもフィット感がよく、頭全体を雨風から守ってくれる作りです。

HOUDINI メンズ カム アロング ジャケットのポケット
HOUDINI メンズ カム アロング ジャケットのパッカブル
HOUDINI メンズ カム アロング ジャケットのパッカブル

パッカブル機能が備わっており、チェスポケットで小さくすることができます。山旅を安心安全に楽しむためのウインドブレーカー。それがHOUDINI メンズ カム アロング ジャケットです。

ソロキャンプ・焚き火

山ごはん おすすめアイテム

装備軽量化-おすすめギア

装備軽量化-テント泊ギア

ダイニーマ・アストロフォイル・X-PACギア

パタゴニア注目ウェア

  • フーディニ・ジャケット パタゴニア注目ウェア
    フーディニ・ジャケット
    Mens Womens
  • キャプリーンクール・グラフィック パタゴニア注目ウェア
    キャプリーンクール・グラフィック
    Mens Womens
  • トラッカー・ハット パタゴニア注目ウェア
    ダックビル・キャップ
    Mens Womens
  • テルボンヌ・ジョガーズ パタゴニア注目ウェア
    テルボンヌ・ジョガーズ
    Mens
  • バギーズ・ショーツ5インチ パタゴニア注目ウェア
    バギーズ・ショーツ5インチ
    Mens Womens

この記事をシェアする

関連キーワード

この記事の紹介者