登山のトレーニングを目的に、自宅近くの川沿いでランニングを行います。僕は最近何かと話題になっている、YouTubeの教育チャンネルや、英語・数学の勉強用の動画をランニング中に聞いています。(人が少ない時間、車や自転車が通らない視界の広いロードでランニングを行うようにしています。)

そんなランニング時の必須アイテムがスマホ用のアームバンドです。身軽にランニングができるのが特徴で、色々と試した中でも非常に使いやすいSprigsの2種類のアームバンドを紹介します。

アームバンド製品情報

商品名Sprigs 2-Pocket Wrist Wallet
価格¥ 3,450(税込み・送料込み)
重量21グラム
素材ポリエステル/スパンデックス
カラー7色展開
購入https://socal.official.ec/
商品名Sprigs アームバンド
価格¥ 3,850(税込み・送料込み)
重量20グラム
素材ポリエステル/スパンデックス
カラー4色展開
購入https://socal.official.ec/

Sprigsの2種類のアームバンドの特徴

Springsはアメリカのメーカーで、デザイン性に優れたカラーやギミックが特徴です。このSprings特徴は大きく3つあって、

  1. アームバンドそのものが非常に軽くガサガサしない
  2. ストレッチ性のある柔らかな素材で肌に優しいアームバンド
  3. ストレッチ素材によって、フィット感がよく、スマホが全くぶれないアームバンド

1つ1つ説明していきます。

アームバンドそのものが非常に軽くガサガサしない

Sprigs 2-Pocket Wrist Walletは手首あたりにつけるタイプで20グラムという軽さ、Sprigs アームバンドは腕につけるタイプで21グラムという軽さです。

巷で販売されているアームバンドの多くがナイロン素材で、50グラム前後のものが多いのですが、これはとにかく軽く、だからといって走っていてもブレないのが特徴です。

ストレッチ性のある柔らかな素材で肌に優しいアームバンド

素材はどちらもポリエステルとスパンデックスの混紡素材です。非常に柔らかな素材で汗に濡れても直ぐに乾いてくれます。

Sprigs 2-Pocket Wrist Walletは腕につけるタイプなので、リストバンドのように額の汗を拭うこともできます。

走っていても肌が擦れていたくなるようなこともないので、男女ともに安心して使用できるところも特徴です。

ストレッチ素材によって、フィット感がよく、スマホが全くぶれないアームバンド

アームバンドそのものがストレッチ性のある生地なので、スマホを収めやすく、更にスマホのサイズを選びません。

走っていてもアームバンドの中でブレることなく快適に走ることができます。

Sprigs 2-Pocket Wrist Walletの特徴

手首あたりにフィットさせて、大きなポケットにスマホを入れておくことができます。

ケーブルを通す穴が空いているので、音楽を聞きながら走るという場合にも重宝します。

反対側にはジップ付きのポケットが付いているので、貴重品やカードなどを仕舞っておけます。

商品名Sprigs 2-Pocket Wrist Wallet
価格¥ 3,450(税込み・送料込み)
重量21グラム
素材ポリエステル/スパンデックス
カラー7色展開
購入https://socal.official.ec/

Sprigs アームバンドの特徴

スマホを入れるポケットが1つという非常にシンプルな作りです。このポケットの中にスマホを入れて、マジックテープで上から固定するという使い方です。

肌に触れる側には、走っていても腕から落ちてこないように肌に吸い付くよな作りが施されています。

商品名Sprigs アームバンド
価格¥ 3,850(税込み・送料込み)
重量20グラム
素材ポリエステル/スパンデックス
カラー4色展開
購入https://socal.official.ec/

マラソン以外にもトレイルランニングや登山でも、スマホをカメラ代わりに使うシーンに、さっと取り出すことができ使いやすいです。

ハイキングシーンにおいてサコッッシュを使っていましたが、サコッシュをしていると涼しい風がダイレクトに体に当たらず、暑いなあ~というストレスがありましたが、アームバンドを使用するようになってから、この不満がなくなりました。幅広いアウトドアシーンに使用することができます。

山旅旅ショッピング

登山人気アイテム

メスティン好きのアイテム

軽量化のための登山装備

この記事をシェアする

関連キーワード