スマートウールはメリノウール製品において優れた機能性と肌触りの良さで大好きなブランドの1つです。僕はソックス、アンダーウェア、Tシャツ、ショーツに至るまでスマートウールを着用することが多く、そのお陰で非常に快適に登山、トレイルランを楽しめています。そんなスマートウールからポリエステルとヘンプを混紡した面白いTシャツが発売されたのでレビューをしたいと思います。

スマートウールとは

メリノウールを使用したソックス・アンダーウェアを創業から一貫して届け続けるメリノカンパニー。それまでの「ウールといえばちくちくする」というイメージを覆した快適な着心地で、今や登山にはなくてはならないほどの存在感を放っています。ソックスにおいては豊富なカラーバリエーションも魅力です。

おすすめポイント

  • ヘンプ混紡により吸水性の高さが魅力
  • 着心地がさらっとして気持ちがいい
  • 汗をかいてもドライ感が持続する
  • 室内と室外の寒暖差にも効果を発揮する

商品概要

ブランドスマートウール
商品名Everyday Exploration ポケットTシャツ
商品説明機能性と快適性を兼ね備えたウール/ポリエステル/ヘンプ混紡のヘンリーネックシャツ。『ウール+麻』、スマートウールの新たな混紡素材。
価格¥7,920 (税込)
重量150g/m2
素材ウール50%、ポリエステル35%、ヘンプ15%

管理人の評価・レビュー

総合評価★★★★☆
快適性★★★★☆
軽量性★★★★☆
コンパクト性★★★☆☆
コストパフォーマンス★★★★☆

ポリエステルとヘンプ混紡のエブリデイエクスプロレーションポケットティー

ポリエステル混紡は耐久性と速乾性を更に高める目的でスマートウールの多くのウェアがこれを採用しています。しかしながらヘンプ混紡というのは初で、これがどのような特性をTシャツにもたらすのか?非常に楽しみでした。

結論、非常に快適で夏の暑い時期、汗をかいている最中の心地よさは他のTシャツと比較すると違いは明らかです。その秘密はやっぱりヘンプなのです。

ヘンプの特徴

ヘンプというと最近ではヘンプシードがスーパーフードとして注目されています。繊維素材としてのヘンプは実に様々な利点があるということを、今回のレビューを機会に知ることができました。ヘンプは繊維に微細な穴が無数にあいている多孔構造となっています。この構造により、吸水性、速乾性、調湿性に優れています。

またUVカット、抗菌、消臭といったメリノウールが持っているような特性をヘンプも持ち備えている可能性があるという研究結果もインターネットでみかけました。

ヘンプ混紡Tシャツを実際に着用してみての実感

ヘンプ混紡というとゴワゴワ、チクチクが着用していて気にならないか懸念がありましたが、そこはさすがスマートウールで着心地の良さは抜群です。特にジメジメとした日や、ジットリと汗をかくような日差しの強い日の涼しさは心地よく、サラッとした肌触りが持続します。

秘密の1つは吸水性の高さで、汗をかいても直ぐにTシャツが汗を吸い、肌に汗が残りません。登山やトレイルランなどをしていると、肌に汗が付着していることで、汗冷えをおこし、思った以上に体力を奪われてしまい、不快感ものこり、行動に集中できないということが起きてしまいます。だから吸水性が高いというのは肌に近いウェアでは特に重要視しています。

速乾性においても非常にバランスがよく、メリノウールの特性の1つ「ゆっくりと乾いていくことにより気化熱が勢いよく生じずに汗冷えしづらい」という良さを踏襲しつつ、メリノウール率の高いTシャツに比較すると速乾性に優れており、夏にも積極的に着たくなるTシャツという仕上がりとなっています。

この吸水性と速乾性の高さは「え?メリノウールウェアなの?」とちょっと驚くと思います。トレイルラン時に着用してみましたが、汗を多く含んで肌にペタっとくっつくような不快な状態になりづらく驚きました。

数日着続けても皮脂による嫌な匂いを打ち消してくれ、縦走登山では手放せない1枚となりそうです。

エブリデイエクスプロレーションは登山などのアクティビティにはもちろん、クーラーの効いた室内への出入りで体温調整がしづらい場所に特に活躍してくれます。体を安定した温度に保つメリノウールの良さもしっかりと兼ね備えたスマートウールのTシャツ。是非お試しください。

山旅旅ショッピング

登山人気アイテム

メスティン好きのアイテム

ソロキャンプ道具

軽量化のための登山装備

冬山登山 寒さ対策

この記事をシェアする

関連キーワード