スクエアクッカー、いわゆる四角い形をしたクッカーは料理の幅が広がります。そしてゼログラムのスクエアクッカーは取っ手の取り付け位置、深型ではあるのだけど深すぎず、フライパンのような使い方もできる、バランスの優れた素晴らしいクッカーです。

    おすすめポイント

    • 袋麺を茹でることができる
    • 角に取っ手が取り付けられていてスープを注ぎやすい
    • フライパンにもなる
    • 料理の幅が広がる

    商品概要

    ブランドゼログラム
    商品名Ramen Pan UL2
    商品説明専用ポットの下部がバーナーを覆い、完全に閉じられた空間で燃焼するため、バーナーが生み出す熱をロスなくポットに伝える。
    価格¥3,300(税込)
    本体重量155g
    サイズ152×141mm / 深さ43mm
    素材アルミニウム

    管理人の評価・レビュー

    総合評価★★★★☆
    快適性★★★★★
    軽量性★★★★☆
    コンパクト性★★★☆☆
    コストパフォーマンス★★★★☆

    ゼログラムのスクエアクッカーの使い心地

    ゼログラムのスクエアクッカーの使い心地
    ゼログラムのスクエアクッカーの使い心地
    ゼログラムのスクエアクッカーの使い心地

    ゼログラムのスクエアクッカー「Ramen Pan UL2」は、角に取っ手が取り付けられています。これによって、出来上がったラーメンのスープをお皿に注ぎやすく、こぼれづらいのです。

    ゼログラムのスクエアクッカーの使い心地

    四角いことの利点はなんといっても商品名からもわかるように、袋麺を茹でることができることです。丸型のクッカーでは棒ラーメン一択だったのですが、袋麺の殆どを、このスクエアクッカーで茹でることができるので、ラーメンを食べる楽しさが膨らみます。

    ゼログラムのスクエアクッカーの使い心地

    袋麺はそのままザックにいれると割れてしまって、ツルツルっと頬張るような食べ心地が味わえなくなってしまいます。だけどこの四角いクッカーにそのままパッキングしておけば割れる心配がなくなります。山の頂上で美味しいラーメンを楽しむための大事な施しです。

    ゼログラムのスクエアクッカーで料理
    ゼログラムのスクエアクッカーで料理

    深さは約4センチほどなのでフライパン変わりとして様々な料理を作ることもできます。野菜、キノコなど食材1つと塩、コショウがあるだけで立派なおつまみを作ることも容易です。

    ゼログラムのスクエアクッカーで料理
    ゼログラムのスクエアクッカーで料理
    ゼログラムのスクエアクッカーで料理

    約14×15センチというサイズ感なので少ない油でちょっとした揚げ物も楽しめます。僕がよく楽しむのはじゃがいもを持っていって、塩をかけるだけのシンプルな揚げポテトです。これ山の上でビールと一緒に楽しむと天にも登るような気持ちになります。超おすすめです。

    ゼログラムのスクエアクッカーの特徴

    ゼログラムのスクエアクッカーの特徴

    表面はテフロン加工の中でもXylan®Plusコーティングです。剥がれづらく焦げつきません。強度のセラミック粒子が混合され、耐摩耗性に優れ、汚れに強いのが特徴です。チタンなどのフォークやスプーンを多様すると傷ついてしまうので、僕は木の箸やスプーンを使ってます。主にはTo-Go Wareのカトラリーを使っています。To-Go Wareのカトラリーは以下の記事でその魅力を知ってください。

    ゼログラムのスクエアクッカーの特徴

    深型で容量は850mlです。日進ラ王で500mlの水が必要なので、麺を入れて調度良い大きさでラーメンを楽しめます。

    ゼログラムのスクエアクッカーの特徴

    フライパン外側にあるZEROGRAMロゴの位置が水位500mlの目安になるという工夫もニクい施しです。

    ゼログラムのスクエアクッカーのレシピ

    ゼログラムのRamen Pan UL2を購入すると韓国料理のレシピが付いています。紹介されている料理はどれもとても美味しそうで試してみたいものばかりです。中でもトッボギ、韓国風肉野菜炒めは是非試してみたいと思っています。

    山旅旅ショッピング

    登山人気アイテム

    メスティン好きのアイテム

    ソロキャンプ道具

    軽量化のための登山装備

    冬山登山 寒さ対策

    この記事をシェアする

    関連キーワード