九州・大分県は日本一の「おんせん県おおいた」の名の通り温泉の湧出量、源泉数ともに全国1位。別府や湯布院といった有名温泉目当てに毎年多くの観光客が訪れますが、魅力は温泉だけにとどまりません。知られざる絶景スポットやパワースポット、絶品グルメ等、実際に行ってみたくなることうけあいです。

彩り鮮やかな大分おすすめの紅葉スポット6選

溪石園(けいせきえん)

日本新三景、国指定名勝、日本遺産の3大タイトルに輝く耶馬溪。耶馬溪ダムの完成記念でつくられた「溪石園(けいせきえん)」は、100種3万1000本以上の樹木と池、岩、滝などが見事な調和を見せる日本庭園です。光と影が織り成す四季折々の自然の美しさを堪能することができます。

金鱗湖(きんりんこ)

湖に神秘的な鳥居が建つ、由布市を代表する観光名所です。清水と温泉が流れ込んでおり、年間を通して水温が高いため、冬の早朝には湖面から湯気が立ち上る幻想的な光景を見ることができます。ほとりには天祖(てんそ)神社があり、境内の御神木の大杉は天然記念物にも指定されています。



九酔渓(きゅうすいけい)

九酔渓の絶景は、九重ICからやまなみハイウェイへとつながる県道を進んだ場所にあります。約2キロにわたって断崖絶壁が続く曲がりくねった渓谷は紅葉の名所です。峠の展望台までいくと、カエデやイチョウなどの原生林が色づいた美しい渓谷を一望できるため、毎年多くの観光客が訪れます。「九重“夢”大吊橋」や、九酔渓温泉など近隣観光スポットも充実しています。



白馬渓(はくばけい)

臼杵市の名勝に指定された白馬渓は臼杵川上流の支流にある渓谷です。秋の紅葉は清流を虹色に染め、訪れた人々を魅了します。紅葉の名所がある大きな池までは高低差があり、葉が色づく時期に差が生まれるため、道を奥へ進みながら紅葉のグラデーションを楽しむことができます。


富貴寺(ふきじ)

富貴寺は、平安時代に宇佐神宮大宮司の氏寺として開かれた由緒ある寺院です。中でも国宝に指定されている富貴寺大堂は、宇治の平等院鳳凰堂、平泉の中尊寺金色堂と並ぶ日本三阿弥陀堂のひとつであり、現存する九州最古の木造建築物です。堂内に収められた本尊の阿弥陀如来像も国重要文化財に指定されています。境内一面が紅葉で染まる姿は圧巻の美しさです。



くじゅう連山

玖珠郡九重町から竹田市北部にかけて広がる「くじゅう連山」。九州本土最高峰の中岳をはじめ、標高約1,700m級の山々が連なっており、“九州の屋根”とも呼ばれています。なかでも大船山(たいせんざん)は雄大な山容で登山者を魅了するくじゅう連山の東の主峰です。山頂にある御池(おいけ)は、くじゅう随一の紅葉の名所であり、ドウダンツツジなどの樹々が山肌とともにその湖面も真っ赤に染め上げます。



由布市の秋の味力を満喫!絶品料理とお土産を紹介!

PowerPoint プレゼンテーション

forest inn BORN

由布岳山麓の塚原高原にある静かな森の奥深くにあるオーベルジュ「フォレストインボン(forest inn BORN)」は、ランチは金・土・日曜限定で、前菜、スープ、メイン料理のコースがなんと1,500円(税別)。料理長の佐藤英司シェフは、高級フランス料理店「ひらまつ」の出身で、博多「ブラッスリーポールボキューズ」の料理長を務めていました。故郷・湯布院の人たちにもっと気軽にフレンチを楽しんで欲しいとの思いから、リーズナブルな価格帯でランチコースを提供しています。プラス300円~でつけられるデザートもおすすめです。1日5組の限定メニューです。(2020年9月現在、月曜日はランチ休止中)

鞠智

「鞠智」は湯の坪街道にある地産地消にこだわったお菓子や調味料、ジャムといったお土産品を販売しているほか、カフェや豊後牛のコロッケ、地鶏蕎麦を食べられるお店も併設しています。ショップでは、安納芋や紫芋を使ったスイートポテトやかりんとう、さらに果物や柑橘類と砂糖のみで煮込んだジャム「コンフィチュール」などを販売。大分特産のかぼすや柚子といった大分の食材を使ったジャムが手に入ります。またカフェでは、毎日焼き上げている自家製の手作りアップルパイのセットや、ぜんぜいセットといったスイーツメニューがあります。晴れた日には、テラス席から由布岳の眺望を望みながら、食事を楽しめます。地元ならではの豊後牛が入ったコロッケや大分名物のとり天は食べ歩きにおすすめです。

塚原の里

塚原高原のお食事処の中でも、おいしい地鶏が食べられる隠れた名店をご案内します。ご紹介するのは「地鶏炭火焼塚原の里」。遠方から訪れるお客さんも多い人気のお店です。店内は古民家風の造りになっており、自分でお肉を焼いて食べるスタイルになっています。メニューには、大分県のブランド牛おおいた和牛やイノシシ肉などがありますが、中でも人気のメニューは「炭火焼地どり定食」です。運ばれてきたお肉は、新鮮なことが分かる綺麗なピンク色で、ほどよく脂がのっています。炭火によって、質の良いお肉にゆっくりと火を通すため、焼き上がりは柔らかく、鶏肉本来の旨味を逃がしません。

山旅旅ショッピング

登山人気アイテム

メスティン好きのアイテム

ソロキャンプ道具

軽量化のための登山装備

冬山登山 寒さ対策

この記事をシェアする