没後70年 吉田博展が1/26から開催されており、3/2から後期の作品の展示が開催される。明治、大正、昭和にかけて風景画の第一人者として活躍した吉田博の木版画を一堂に集め、版木や写生帖も展示する。

雷鳥とこま草

展示会概要

展覧会名没後70年 吉田博展
会期2021年1月26日(火)~3月28日(日)
会場東京都美術館
住所東京都台東区上野公園8−36
休室日月曜日
開室時間9:30~17:30

没後70年 吉田博展の魅力

吉田博
昭和24年 自宅アトリエにて

明治、大正、昭和にかけて風景画の第一人者として活躍した吉田博(1876~1950年)。彼が人生後半の大仕事として取り組んだ木版画の全容を紹介する展覧会を開催する。

福岡県久留米市に生まれた吉田博は、若き日から洋画修業を始めた。当時の日本人としてはまれな、幾度もの海外体験を通じて東西の芸術作法を見つめ、己の技に磨きをかけていった。一貫して風景に取材、自然に飛び込み融合することで体得した自然観と、欧米の専門家をも驚嘆させた高い技術をもって、制作を重ねた。

水彩、油彩の分野で才能を発揮していた吉田博が木版画を本格的に始めたのは49歳。西洋画の微妙な陰影を版画で表現しようという前代未聞の挑戦だった。彼が追い求めたのは版画を使って水の流れや光のうつろいを驚くほど繊細に描くことだった。

本展は、没後70年を記念し、最初期から代表作の木版画を一挙公開するとともに、初公開の版木や写生帖もあわせて展観する。西洋の写実的な表現と日本の伝統的な版画技法を統合し、新しい木版画の創造をめざした画家が到達した一つの答えに迫る。

吉田博とは

吉田博は、明治9(1876)年、久留米市に生まれた。京都で田村宗立に洋画を学び、同地で三宅克己の水彩画に出会う。17歳で上京すると、小山正太郎が主宰する画塾、不同舎に人門し、「絵の鬼」と呼ばれるほど風景写生に明け暮れた。

当時の洋画界は、黒田清輝が率いる白馬会が台頭し、国費でフランスに留学する若者を多く輩出していた。それに反発を感じていた博は、明治32(1899)年9月に自費で友人の画家、中川八郎とアメリカに渡る。デトロイト美術館で作品が激賞されたことをきっかけに次々と二人展を開き、自作を売りながら旅を続け、ヨーロッパ渡航をも果たす。帰国後は、第1回文展にて水彩画(新月)が三等賞となるなど、官展や太平洋画会を舞台に活躍を続けた。博と木版画との出会いは大正9(1920)年、44歳になる年のこと。版元の渡邊庄三郎のもとで(明治神宮の神苑)の下絵を手がけたことがきっかけとなった。

プロローグ~第2章 奇跡の1926年

プロローグと第2章 奇跡の1926年までの展示内容については以下の記事で詳しく紹介しているので確認頂きたい。

第3章 特大版への挑戦

大正15(1926)年、ある山桜の希少な大木が伐られ、売りにだされることを知った博は、特大版の制作を思いつく。

特大版とは、一辺が70cmを超える、当時にあっては並外れた大画面の木版画である。まずは明治期の水彩画を翻案した(雲井欄)と「富士拾景』シリーズの(朝日)を仕上げ、昭和3(1928)年までに全6点を完成させた。とりわけ、博の木版画のなかで最大サイズの(雲海鳳凰山)には、登山家でもあった吉田博ならではの神々しく壮大な展望美が描かれている。

雲海 鳳凰山
朝日

伝統的な木版画は、湿らせた和紙に色を摺り重ねてゆく。湿ると伸び、乾くと縮む紙の性質を計算に入れて色を合わせるわけだが、特大版では日頃の勘を活かすことができない。初作である(雲井機)では、潜師が二人がかりで摺りにあたったが、版木と紙の収縮率の違いから桜の枝と花がずれてしまい、大いに苦労したというエピソードが伝わっている。

第4章 富士を描く

吉田博はときに「山の画家」あるいは「山岳画家」と呼ばれる。幼い頃から山歩きを好み、山を主題に絵を描いたが、大正の初め頃からそれは本格的な登山となり、画材を求めて毎夏、日本アルプスに行くことが習わしとなった。

河口湖

登山に際し、博は案内人らとともにパーティーを組み、気長に滞在して、理想的な天候や描きたい雲、光のさまをひたすら待った。画友の高村真夫によれば、博は「何んでも高い山を見ると其テッペンを登り切らないと腹の虫が収まらない」人間であり、幾度もでかけた富士山などは「自分の家の庭位に考えて居る様」だったという。

山中湖

博は愛する山々をしばしば画題に選び、とりわけ富士山は「富士拾景」シリーズなどあまたの作例がある。登山家が描いた姿だけに、山頂から、山腹から、麓からと次々に視点が変わり、海や湖、川といった水辺とあわせて描くなど、豊かなヴァリエーションを見せている。

山が映しだす博の人柄

吉田博は、黒田清輝らとのつばぜり合いには真正面から立ち向かい、制作においては完璧を追及した。その一方で、登山では無理をしなかった。常に余裕のある日程で臨み、詳しい山案内人をともなった。

露営 北岳間の岳

日本アルプスに分け入る一方で、阿蘇山のような雄大な裾野も愛した。絶壁や絶頂を目指すだけでなく、麓からの眺めも尊重した。北米のロッキー山脈やよロッパアルプス、ヒマラヤにも足を運んだが、鉄道や自動車も効率よく利用し、日本の山々との優劣を論じることもなかった。

案内人らの忠告はよく聞き、彼らへの気遣いも忘れなかった。自然との対峙の仕方、描き方についてはアメリカ人画家、ホイッスラーに傾倒した。だが、やがて西洋の人文主義的美学とは距離を置き、「けれども私は自然を崇拝する側に立ちたい」という言葉にあらわれているように、東洋的美意識を自覚している。そうして山岳の美を体感し、描き出し、木版画等に昇華させたのである。

エピローグ

東京の下落合の洋館は幸いにして空襲で焼かれることもなく、戦争は終わった。戦後は、以前からアメリカで人気の高かった木版画に進駐軍関係者が注目し、作品を求めて英語を話せる画家夫婦のいる洋館に集まった。しかし博の戦後は短く、新作として発表したのはただ1点、昭和21(1946)年の農家だけだった。最後の木版画となった(農家)は、若き日の不同舎時代のスケッチをほうふつとさせる、しみじみと暗い土間の一景であった。

大正の未から(農家)まで、およそ20年の間に残した木版画は250点ほどにのぼる。木版画で「世界百景」を完成させる夢はかなわなかったが、残された作品は、彫りにも摺りにも新しい工夫が重ねられ、外光の輝きや空気感が無限のヴァリエーションをもって描き出された、きわめてユニークな一群といえる。吉田博の木版画は、日本に生きる洋画家として、世界に対抗しうるオリジナルな「絵」とは何かを熟考した末の、ひとつの答えだったのである。

農家についての画像はあえて、こちらでは紹介を控えておこう。実際に展示会へ足を運んで是非みて頂ければと思う。

吉田博の作品を購入

ソロキャンプ・焚き火

山ごはん おすすめアイテム

装備軽量化-おすすめギア

装備軽量化-テント泊ギア

ダイニーマ・アストロフォイル・X-PACギア

パタゴニア注目ウェア

  • フーディニ・ジャケット パタゴニア注目ウェア
    フーディニ・ジャケット
    Mens Womens
  • キャプリーンクール・グラフィック パタゴニア注目ウェア
    キャプリーンクール・グラフィック
    Mens Womens
  • トラッカー・ハット パタゴニア注目ウェア
    ダックビル・キャップ
    Mens Womens
  • テルボンヌ・ジョガーズ パタゴニア注目ウェア
    テルボンヌ・ジョガーズ
    Mens
  • バギーズ・ショーツ5インチ パタゴニア注目ウェア
    バギーズ・ショーツ5インチ
    Mens Womens

この記事をシェアする

この記事の紹介者