筑波山は女体山と男体山の2つのピークがある双耳峰で、関東各地から遠望することができる。ケーブルカーとロープウェイにのればいっきに山頂に到達することができ、登山者だけでなく観光客も多く訪れる山である。今回は初心者も安心な筑波山の登山コースを難易度別で紹介する。

筑波山を楽しむ8つの登山コース

筑波山は双耳峰で女体山と男体山がある。8つのコースは男体山にアクセスするコースと女体山にアクセスコース以外にもつつじヶ丘、弁慶茶屋跡とアクセスは様々で、いづれも筑波山頂上へは幾つかのコースを使用して到着することができる。以下の表はそれぞれのコースを表にまとめたものだ。登山口から目的地までの数値となっている。

※横スクロールで表がスクロールできます。
コース名総距離コースタイム累積標高差(上り)スタートゴール
御幸ヶ原コース約2.2km1時間45分約653m筑波山神社男体山
白雲橋コース約2.9km1時間50分約681m筑波山神社女体山
迎場コース約2.3km1時間10分約311mつつじヶ丘酒迎場分岐
おたつ石コース約1.0km40分約208mつつじヶ丘弁慶茶屋
薬王院コース約5.1km2時間28分約988mつくし湖駐車場男体山
深峰歩道約1.6km45分約355m深峰歩道登山口男体山
キャンプ場コース約1.7km1時間3分約408m筑波高原キャンプ場女体山
東筑波ハイキングコース約3.0km1時間10分約221m筑波高原キャンプ場つつじヶ丘

上記のコース以外にもケーブルカーやロープウェイを利用すればあっという間に筑波山の頂上へアクセスすることができる、薬王院コース以外はほぼ初心者にも安心して登ることができる登山コースとなっている。

都道府県茨城県
山域筑波連山
標高877m
天気・アクセスなど筑波山の詳細情報

筑波山神社から男体山を目指す人気コース「御幸ヶ原コース」

筑波山神社から山頂を目指す人気のコース。ケーブルカー沿いを進む登山道である。関東ふれあいの道に指定される登山道は筑波山の中でも険しい道で難易度は中クラス。もしも体力に不安があれば上りか下りにケーブルカーを利用するのも手だ。登山道の途中にはケーブルカーと交差する道がある。杉の巨木、最後の長い階段を登り頂上に到着する。初心者にもおすすめの登山コースだ。

合計距離: 2426 m
最高点の標高: 872 m
最低点の標高: 259 m
累積標高(上り): 653 m
累積標高(下り): -40 m

駐車場

筑波神社周辺には以下のマップの通り駐車場が多くある。多くの駐車場が有料であるが、筑波山神社駐車場は1時間以内無料で、それ以降は500円かかる。他の駐車場の多くも500円がほとんどで曜日によっては価格が落ちる駐車場もある。トイレは各所にあり。

歴史ある表登山道、奇岩が連続する「白雲橋コース」

歴史ある表登山道、奇岩が連続する「白雲橋コース」

御幸ヶ原コース同様に筑波山神社からスタートする白雲橋コースは女体山を目指す。ワイルドな登山道を進むと弁慶茶屋跡に到着する。弁慶茶屋は2006年09月まで登山道に残る最後の茶屋として残っており、その歴史は約270年を数えた。弁慶茶屋を後にすると、弁慶七戻り、出船入船、母の胎内くぐり、北斗岩と奇岩を巡る登山道となり、飽きずに登山を楽しむことができる。なだらかな山道にうつると女体山頂は目の前。初心者にもおすすめの登山コースだ。

合計距離: 3126 m
最高点の標高: 861 m
最低点の標高: 243 m
累積標高(上り): 693 m
累積標高(下り): -116 m

静かで花の多い「迎場コース」

静かで花の多い「迎場コース」

筑波山神社とつつじヶ丘を結ぶあるきやすく初心者登山に向いているコース。鳥居をくくると登山道らしい景色に様変わりをする。このコースは山頂を目指さずつつじヶ丘を目指す。筑波山には約3,000本のつつじがあり、4月下旬ごろになると標高の低い場所から咲き始め多くの登山客で賑わう。それ以外の季節では、この迎場コースは筑波山頂上を目指す登山道ではないことかもら静かな歩きを楽しめる。

合計距離: 2366 m
最高点の標高: 526 m
最低点の標高: 243 m
累積標高(上り): 311 m
累積標高(下り): -44 m

女体山頂を目指す定番の登山道「おたつ石コース」

女体山頂を目指す定番の登山道「おたつ石コース」

おたつ石コースはつつじヶ丘から弁慶茶屋跡までのコースを指す。ロープウェイとほぼ併走するこのコースは女体山を目指す登山者の定番コースとなっている。弁慶茶屋跡に到着したら上で紹介した白雲橋コースに乗り換えるように登ることで、女体山に到着する。初心者にもおすすめの登山コースだ。

おたつ石の由来は筑波山の名物として親しまれている永井兵助の「ガマの油売り口上」と結びつく。彼はこの「おたつ石」の前でガマの油売りを考え出したと言われている。江戸の頃は「雄竜石」(おたついし)と呼ばれていて、この石の尾は筑波山の南東に位置する約40km離れた霞ヶ浦まで達すると言われていたという。

合計距離: 1030 m
最高点の標高: 709 m
最低点の標高: 526 m
累積標高(上り): 208 m
累積標高(下り): -25 m

駐車場

つつじヶ丘駐車場は400台停めることができる広い駐車場で、価格は500円。筑波山観光に大変便利な立地にある。トイレあり。

筑波山随一のロングトレイル「薬王院コース」

筑波山随一のロングトレイル「薬王院コース」

健脚向けコースとして知られている薬王院コースは杉林とシダ植物が目立つ緑深い登山道である。夏場は日差しを遮りながら山を登ることができ森林浴を楽しめる。700段以上ある階段などハードな登山道もあり歩きごたえのあるコース。薬王院コースを終えると筑波山自然研究路にぶつかり、御幸ヶ原、男体山へのアクセスができる。ゆっくり歩けば初心者にも登れるコースではあるが、他のコースを試してからという順番をおすすめする。

合計距離: 5050 m
最高点の標高: 872 m
最低点の標高: 48 m
累積標高(上り): 974 m
累積標高(下り): -159 m

駐車場

つくし湖に面したつくし湖駐車場を無料で利用できる。駐車スペースは10台ほど。トイレあり。

人の往来が少ない自然観察に適した「深峰歩道」

関東ふれあいの道に指定されている、野鳥の姿が多い静かな登山道。御幸ヶ原までは筑波山の登山道の中で最短ルートであることはあまり知られていない。コースタイムは短く男体山までも早く到着できる。他の登山道とは違い整備が行き届いており歩きやすく、ご年配の方に活用されている初心者にも安心な登山道。

合計距離: 1652 m
最高点の標高: 872 m
最低点の標高: 555 m
累積標高(上り): 355 m
累積標高(下り): -38 m

駐車場

ユースホステル跡地が駐車場となっており標高は約560mの場所にある。駐車スペースは約20台で無料で利用できる。トイレなし。

自然豊かな穴場コース「キャンプ場コース」

自然豊かな穴場コース「キャンプ場コース」

筑波高原キャンプ場から尾根伝いに女体山を目指せるコースでキャンプと兼ねて楽しむことができる。キャンプ場の広場からは施設案内看板を頼りに歩くと、登山道のアクセスがわかる。カタクリの多いエリアで物静かな雰囲気は筑波山随一。約1時間で眺めの良い女体山に到達することができる。キャンプを登山も楽しみたい初心者にもおすすめだ。

合計距離: 1861 m
最高点の標高: 861 m
最低点の標高: 494 m
累積標高(上り): 408 m
累積標高(下り): -65 m

駐車場

キャンプ場内にある駐車場は登山者も利用可能。キャンプ場内には第1~3まで駐車場があり、合計で60台停めることができる。キャンプ場の管理は桜川市が行っているため、駐車場利用の際は事前に市に確認をおすすめする。トイレはあり。

キャンプ場からつつじヶ丘へ抜ける「東筑波ハイキングコース」

キャンプ場からつつじヶ丘へ抜ける「東筑波ハイキングコース」

キャンプ場からつつじヶ丘へ抜けるこのコースは、正しくは東筑波ハイキングコースと途中合流するコースとなっている。東筑波ハイキングコースは国民宿舎つくばねからつつじヶ丘へ向かうコースでMTBを楽しむことができるコースとして知られている。林道ゲートまでがMTBが入ることができ、ゲートからつつじヶ丘までは緩やかな登山道を歩くこととなる

合計距離: 3062 m
最高点の標高: 529 m
最低点の標高: 456 m
累積標高(上り): 221 m
累積標高(下り): -189 m

筑波山登山のQ&A

登山はいつまで楽しめる?

厳冬期で降雪がある時期もあるが、防寒対策をしっかりしていれば、雪が降る時期を除き、登山は通年で楽しめる。降雪がある際も、雪山としては比較的初心者向きの山であるので、経験ある同行者がいれば、澄み切った視界から見える日本百名山の眺望が堪能できる。

登山の難易度は?

筑波山は整備された登山道、通年営業のロープウェイなど、登山環境としては比較的安全な山であり、地図や基本的な装備を持っていれば、初心者でも十分に登ることができる。多彩な山行計画を立てることが出来るので、自身のスキルや同行者の経験に応じて、登山経験を経ても長い間付き合うことの出来る魅力がある。

山頂までの時間は?

前述の通り多様な登山計画が立てられるため一概には言えないが、初めて登るルートの場合、概ね1時間から2時間あれば山頂に立つことができる。山頂までは気軽に登れるが、天候が比較的安定する朝から登るのが、安全性も高くおすすめだ。

混雑は?

筑波山は登山を始め、観光地としても人気が高い。休日や登山者も多いが、平日や特定シーズンを除けば、早めの到着を心がければ良い。

特定シーズンであるゴールデンウィークや紅葉の時期は渋滞しやすく、駐車場から山頂までの随所で渋滞が発生している。登る場合は、出来る限り公共交通機関を利用し、なるべく早い時間にアプローチするのが良い。

山頂も混雑しており回避策は限られているが、メジャーな登山口を利用せず、経験者であれば遠方から登ることで特定シーズンでも行程通りの時間で登れる可能性が高まる。

筑波山に来たら立寄りたい観光スポット

筑波山周辺には実に多くの観光スポットがある。筑波山の登山を楽しんだ後に是非立ち寄ってみよう。

2月後半から3月が見頃の筑波山梅林

筑波山梅林の園内には,多くの見所があり「展望四阿(あずまや)」「扇橋」「見返り縁台」「かねおれ橋」「せせらぎ橋」「菱露台」などがあり、季節になると梅まつりも楽しめる。梅の奥には筑波山という景色もまた素晴らしい。

フォレストアドベンチャーつくば

出典: フォレストアドベンチャーつくばTwitter

筑波山神社の手前、旧がま公園にアドベンチャーコース全4サイト、キャノピーコース全2サイト、日本初登場を含む56のアクティビティを楽しむことができる。レジャー施設として人気がある。

関連タグ

関連記事

山旅旅30人隊

あなたにおすすめ記事

山旅軽量ギア

【返品無料】パタゴニア注目ウェア

アマゾン売れ筋商品

【2022年12月02日】今売れている登山装備

軽量・便利アイテムすべて見る

山旅の全ての軽量アイテムを見る

殿堂入りアイテム

人気のアウトドアアイテム