rabミシックウルトラ180

ダウンの保温性能を生かすためのボックスキルトを採用したダウンシュラフで驚きの400gというスペック!イギリス発のRabがシュラフから製品づくりが始まったことはあまり知られていない。そんなRabのシュラフ「ミシックウルトラ180」を紹介していきます。

パタゴニア
山旅

おすすめポイント

  • 熱反射性のサーモ・アイオニック・ライニング・テクノロジーを採用
  • 通気性を損なうことはなく、効果的に放射熱をシュラフ内に反射
  • ボックス構造で作られているのにも関わらず400gと軽量化を実現
  • 体から出た熱を外に逃がさないよう首と肩を包み込むチューブが内蔵
  • 短いジッパーによるコールドスポットの削減

商品概要

ブランドRab
商品名ミシックウルトラ180
商品説明世界初の熱反射性サーモアイオニックライニングテクノロジーを採用したMythic Ultra 180は、1グラム単位での軽量化を必要とする人のための先駆的なプロテクションを提供します。
価格¥75,900(税込)
重量400g
生地表地 – 100% nylon 裏地-100% nylon with Titanium coating

管理人の評価・レビュー

総合評価★★★★☆
快適性★★★★★
軽量性★★★★★
コンパクト性★★★★★
コストパフォーマンス★★★★☆

比較対象となるシュラフを検証

400gでリミット温度が0度のスペックを持つミシックウルトラ180ですが、同様の重量とリミット温度を持つシュラフで比較してみました。

※横スクロールで表がスクロールできます。
ブランドRabシートゥサミットシートゥサミットISUKANANGAモンベル
製品名ミシックウルトラ180スパークSp1スパークSp2エアプラス 280UDD BAG 280DXシームレス ダウンハガー800 #5
重量400g350g505g550g325g441g
リミット温度0℃5℃(EN)-2℃(EN)2℃(EN)0℃3℃(EN)
ダウングレード900+フィルパワー 850+フィルパワー 850+フィルパワー 800+フィルパワー 930+フィルパワー 800+フィルパワー 
ダウンの特徴撥水ダウン撥水ダウン撥水ダウン
構造ボックスキルトシングルキルトハイブリットハイブリットシングルキルトスパイダーバッフルシステム

ヨーロピアンノームと呼ばれる温度検査規格が使用されているものとそうでないものが存在するので一概に「こちらのシュラフが暖かい」とは言えませんが、フィルパワーが高いほど軽量かつリミット温度が低く設定されていることがわかります。ダウンの質はそのまま価格にも反映されます。

そしてダウンにとって大敵となる濡れ対策に撥水ダウンを採用したモデルはRabとシートゥサミットで、ISUKAとモンベルはシェルに撥水加工が施されています。

rabミシックウルトラ180にはロールトップのスタッフバッグが付属している

全てのシュラフを触ってみるとわかると思いますが、Rabのミシックウルトラ180は特に柔らかくふんわりしています。しっかりとスタッフバッグでコンプレッションしないとザックの中で大きく膨らんでしまうフィルパワーの高さは魅力です。Rabミシックウルトラ180にはロールトップのスタッフバッグが付属しているので、これでコンプレッションできます。

世界初を採用した面白いシュラフ

Rabシュラフ サーモ・アイオニック・ライニング・テクノロジー

ミシックウルトラ180のシュラフの内側は宇宙服のように銀色です。これは熱反射性のサーモ・アイオニック・ライニング・テクノロジーを採用しており、体から出た熱を反射し保温力を高めています。

Rabシュラフの技術力
Thermo Ionic Lining Technology=TILT

チタンでコーティングした繊維で作られているリップストップナイロンなので通気性を損なうことはなく、効果的に放射熱をシュラフ内に反射させます。

これによってダウン量を減らし、ボックス構造で作られているのにも関わらず400gと軽量化を実現しています。

暖かさは細かな特徴の積み重ね

暖かさを保つ特徴はダウンの質、熱反射性の素材、ボックスキルトの採用に留まりません。

動物の耳のように膨らみがある部分が首と方を包み込む
動物の耳のように膨らみがある部分が首と方を包み込む

1つは首と肩を包み込むチューブが内蔵されています。肩と頭周りをドローコードでシュラフをフィットさせることで、体から出た熱を外に逃がさないよう作られています。これは体を温めるのにかなり有効です。

短いジッパーによるコールドスポットの削減
ジッパーの長さは素人採寸で23cm

2つ目は短いジッパーによるコールドスポットの削減です。これはかなり潔い作りで、シュラフ内の熱調整がしづらい分、保温力に重点を置いた作りと言えます。ジッパーの短さは軽量化にも反映されています。

使用シーン

Rabシュラフ 3シーズン
9月上旬の涸沢でオールメッシュのテントで寝て丁度よいくらい

3シーズンの中でも真夏に使用するシュラフとしてはオーバースペックです。3,000m 級の高山で縦走を楽しむ時のシュラフとしても、暑いなあと感じます。ただし非常に軽量なシュラフなので、布団をかけるように夏場は使用して、もしも意図しない寒気で気温が落ちればシュラフに潜り込むという使い方も可能です。

晩秋、雪のちらつく10月後半〜12月もダウンウェアやエマージェンシーブランケットを併用することで暖かく快適に過ごすことができます。こう考えるとかなりの期間使用できるシュラフで、価格は高いですがコストパフォーマンスに優れていると考えて愛用しています。

超軽量アイテム

アマゾンランキング

  • ダウン パンツ
    250g:ダウン パンツ
    Amazon
  • ダウンジャケット
    174g:ダウンジャケット
    Amazon
  • ベースレイヤー
    236g:ベースレイヤー
    Amazon
  • マグマ
    マグマ
    Amazon
  • SnowPeakチタン
    50g:SnowPeakチタン
    Amazon

楽天ランキング

パタゴニア注目ウェア

  • フーディニ・ジャケット パタゴニア注目ウェア
    フーディニ・ジャケット
    Mens Womens
  • ライトウェイト・シンチラ・スナップT
    ライトウェイト・シンチラ・スナップT
    Mens Womens
  • マーニャ・フリース・パンツ
    マーニャ・フリース・パンツ
    Mens
  • テルボンヌ・ジョガーズ パタゴニア注目ウェア
    テルボンヌ・ジョガーズ
    Mens
  • ナノ・パフ・ジャケット
    ナノ・パフ・ジャケット
    Mens Womens

関連キーワード

この記事の紹介者