登山では日差しを浴びることが多く、ソーラーランタンを選ぶことで装備の軽量化にもなり、更にはエマージェンシー道具としても活用できます。今回は軽くて明るく充電後のパフォーマンスが高い登山におすすめのソーラーランタンと選び方を紹介します。

ソーラーランタンの選び方

出典:Carry The Sun

登山用のソーラーランタンを選ぶ際には6つのポイントをチェックするようにしましょう。

①重量

ソーラーランタンはザックに外付けをして、ソーラー充電をしながら持ち運ぶことになるため、背負い心地が悪くなるような重さのあるソーラーランタンを選ばないようにしましょう。またソーラーランタンを選ぶことによって装備全体の軽量化にもなるようなものを選びましょう。

②明るさ(ルーメン)

登山に出かける際にランタンが必要なシーンは3つあると思います。夜に食事を楽しむとき、テントや山小屋で明かりを確保するとき、ビバークなどのエマージェンシー的な役割。こう考えると、歩いている時に必要な明かりではないので20ルーメンほどあれば十分です。何かを探すといった行動時にはヘッドライトを使うと割り切ると良いでしょう。

③充電時間と点灯時間の割合

必要な充電時間に対してどれだけの時間点灯するのかをチェックするようにしましょう。この時間と登山中の行動時間、テント場や山小屋での食事の時間と照らし合わせることで、そのランタンが使い物になるか把握することができます。

④持ち運びのしやすさ

登山中にザックにかけられるタイプのソーラーランタンを選ぶようにしましょう。ソーラーランタンにフックや持ち手がついているものだと、カラビナやベルト通しに取り付けられてソーラー充電をしながら登山をすることができます。

⑤防水であるかどうか

持ち運びする際バックの外側に取り付けるため、雨に弱くてはどうしようもありません。必ず防水防塵仕様のソーラーランタンを選びましょう。

⑥明かりの種類と強弱調整

食事やテント内でどのような灯りが欲しいかを想像してソーラーランタンを選びましょう。暖色なのか白色なのか、あかりの強弱は選べるのかなどチェックしましょう。

登山におすすめのソーラーランタン

ソーラーランタンの選び方で紹介した6つのポイントをクリアした登山におすすめのソーラーランタンを紹介します。

※横スクロールで表がスクロールできます。
ブランドキャリー・ザ・サンキャリー・ザ・サンMPOWERDMPOWERDMPOWERDソライトデザインソライトデザイン
商品名smallMediumラックスラックスProアウトドア 2.0 Proトワイライトソーラーパフ
価格¥2,860¥4,180¥2,973¥5,660¥5,660¥2,600¥3,400
サイズ88×88×88mm110×110×110mm125×112mm127×108mm127×108mm89×89×89mm115×115×115mm
サイズ(収納時)170×88×12mm210×110×12mm125×112×25mm127×38mm127×38mm178×89×20mm210×115×20mm
重量57g86g100g156g156g60g80g
明るさ強/30ルーメン|弱/15ルーメン強/100ルーメン|中/20ルーメン、弱/10ルーメン記載なし最大135ルーメン最大135ルーメン最大45ルーメン強/90ルーメン|弱/60ルーメン
点灯時間10時間(強)、15時間(弱)10時間(強)、42時間(中)、72時間(弱)約6~12時間点灯50時間50時間約4~7時間約8~12時間点灯
充電時間5-7時間約8時間約7時間14時間14時間約8時間約8時間
フック
防水IP67IP67IP67IP67IP67IP68IP68
明かりの種類ウォーム(暖色)、クール(白色)、レインボー(LED7色)の3タイプウォーム(暖色)、クール(白色)、レインボー(LED7色)の3タイプ暖色暖色白色白色、赤色暖色

キャリー・ザ・サン small

キャリー・ザ・サン small

明かりの種類が暖色と白色を選べる唯一のソーラーランタンです。紹介するソーラーランタンの中で最も軽量でコンパクトで登山の軽量化を気にする人におすすめです。ルーメン数が低いので必要最低限の明かり確保ができればよいと考える人は、このソーラーランタンが良いでしょう。

ブランドキャリー・ザ・サン
商品名small
価格¥2,860
サイズ88×88×88mm
サイズ(収納時)170×88×12mm
重量57g
明るさ強/30ルーメン|弱/15ルーメン
点灯時間10時間(強)、15時間(弱)
充電時間5-7時間
フック
防水IP67
明かりの種類ウォーム(暖色)、クール(白色)、レインボー(LED7色)の3タイプ

キャリー・ザ・サン Medium

キャリー・ザ・サン Medium

キャリー・ザ・サン smallを強力にしたソーラーランタンです。重量差はわずか19gなのに明るさは約3倍、点灯時間は約5倍(弱で5ルーメン明るさが低い)。テントの中で本を読みたい、食事をする時に多くの灯りを必要とする人にはこのソーラーランタンがおすすめです。

ブランドキャリー・ザ・サン
商品名Medium
価格¥4,180
サイズ110×110×110mm
サイズ(収納時)210×110×12mm
重量86g
明るさ強/100ルーメン|中/20ルーメン、弱/10ルーメン
点灯時間10時間(強)、42時間(中)、72時間(弱)
充電時間約8時間
フック
防水IP67
明かりの種類ウォーム(暖色)、クール(白色)、レインボー(LED7色)の3タイプ

MPOWERD ラックス

MPOWERD ラックス

空気を膨らませて使用するソーラーランタンです。外側は完全透明ではなくつや消し素材なので、ろうそくのような灯りを楽しめます

ブランドMPOWERD
商品名ラックス
価格¥2,973
サイズ125×112mm
サイズ(収納時)125×112×25mm
重量100g
明るさ記載なし
点灯時間約6~12時間点灯
充電時間約7時間
フック
防水IP67
明かりの種類暖色

MPOWERD ラックスpro&アウトドア 2.0 Pro

MPOWERD ラックスpro&アウトドア 2.0 Pro

重量は156gと紹介するソーラーランタンの中では最も重いタイプですが、最大135ルーメン、点灯時間50時間、USBを使ってモバイル充電もできる優れものです。全く同じスペックでラックスproが暖色、アウトドア2.0proが白色です。

ブランドMPOWERDMPOWERD
商品名ラックスProアウトドア 2.0 Pro
価格¥5,660¥5,660
サイズ127×108mm127×108mm
サイズ(収納時)127×38mm127×38mm
重量156g156g
明るさ最大135ルーメン最大135ルーメン
点灯時間50時間50時間
充電時間14時間14時間
フック
防水IP67IP67
明かりの種類暖色白色

ソライトデザイン トワイライト

ソライトデザイン トワイライト

キャリーザサンのsmallと非常に似たスペックと価格ですが異なる点はルーメン数が15ルーメンと高いこと、防水等級が8と高いことです。代わりに暖色を選ぶことができない点は注意が必要です。赤色の灯りは眩しさを感じないことから夜中他者に迷惑をかけず、探し物をする時など便利です。防水の7と8の違いは、7は水に浸しても影響がない、8は潜水状態の使用に対して保護という違いがあります。

ブランドソライトデザイン
商品名トワイライト
価格¥2,600
サイズ89×89×89mm
サイズ(収納時)178×89×20mm
重量60g
明るさ最大45ルーメン
点灯時間約4~7時間
充電時間約8時間
フック
防水IP68
明かりの種類白色、赤色

ソライトデザイン ソーラーパフ

ソライトデザイン ソーラーパフ

キャリーザサンのMediumと非常に似たスペックです。上に挙げたように防水等級は8で、あかりの種類は暖色のみです。

ブランドソライトデザイン
商品名ソーラーパフ
価格¥3,400
サイズ115×115×115mm
サイズ(収納時)210×115×20mm
重量80g
明るさ強/90ルーメン|弱/60ルーメン
点灯時間約8~12時間点灯
充電時間約8時間
フック
防水IP68
明かりの種類暖色

関連タグ

関連記事

山旅旅30人隊

あなたにおすすめ記事

山旅軽量ギア

【返品無料】パタゴニア注目ウェア

アマゾン売れ筋商品

【2022年09月27日】今売れている登山装備

軽量・便利アイテムすべて見る

山旅の全ての軽量アイテムを見る

殿堂入りアイテム

人気のアウトドアアイテム